因果応報・因果関係

先程、Facebookを見ていると、
対人関係における興味深い記事が書かれていました。

どうやら記事の出所は、
Twitterの話題のようです。

Twitterで話題になっていることを、
Facebookや、
他のサイトでもシェアされているようです。


僕は、その記事に共感しました。
肯定派です。

どんな記事かと言うと、

あなたに敬意を払わない人に、
あなたが敬意を払う必要はない。

あなたのことが嫌いな人を、
あなたが好きになる必要はない。

あなたを大切にしない人を、
あなたが大切にする必要はない。



このような記事が書かれていました。
僕は肯定します。

僕の性格は、
「お礼と、仕返しは必ずする」
こういった性格です。

言い方は汚いですが、
「やられたら、やりかえします」
そんな性格です。


しかし、
僕の心の中にも、
「善」という心も、
雀(スズメ)の涙ほど残っているようで、
「物事を良くする方向を考える」
時もあります。

これらの言葉を、
少し解釈を変えて考えてみるんです。


あなたに敬意を払わない人に、
あなたが敬意を払う必要はない。

上の文章は、
自分が敬意を示されないのだから、
相手に敬意を示さなくても良いというもの。

これを解釈を変えてみると、

敬意を払われないのは、
自分がそれだけの人間ということ。

人は、
賢そうな人を見ると、
相手を尊重し敬意を払うでしょう。


まぬけな生活をしている人を見て、
誰が?
そんな人に敬意を示すでしょうか?

敬意を示して欲しければ、
自分が敬意を示される人間にならないといけません。




あなたのことが嫌いな人を、
あなたが好きになる必要はない。


上の言葉を僕の解釈に変換してみます。

あなたはなぜ?
人から嫌われるのですか?

自分が相手に嫌われる原因を作っておいて、
相手から嫌われて、
「嫌われている相手を好きになれる訳ないだろ!」
というのです。

人から嫌われるのにも、
原因があるはずです。
自分に非がない場合も多いです。
自分に非がある場合も多いです。

そえを踏まえて考えないとね。

日頃から対人関係で、
自分の言動で、相手に不快な思いをさせないだとか、
他人を思いやる心を持っていれば、
他人から嫌われるリスクは少なくなるでしょう。

自分発信だと思うのです。
嫌われない言動をしていれば、
嫌われることは少ないでしょう。




あなたを大切にしない人を、
あなたが大切にする必要はない。


他人は、
誰かから親切にされると、
相手に親切を返したくなるものです。

そういう心が無い人も多いですが。

自分から他人に親切にすると、
だいたい、
親切が返って来るものです。

また、
親切にされない事にも理由があるはずです。
仕事をサボってばかりで、
人の悪口ばかり言っていて、
人の恩を仇で返すような人も少なくない。
そんな人が、
「誰から親切にされるのですか?」

そういう事なんです。
親切にされないのは、
親切にされない自分に原因がある場合もあるのです。

自分の日頃の言動が、
相手からの親切を招くものだと思うのです。



すべて、
自分発信だと思うのです。

厳しい言い方ですが、

相手から尊敬されないのは、
自分が尊敬に値しない人間なのです。

相手から嫌わるのは、
自分が嫌われてもおかしくない言動をしているから。

相手から親切にされないのは、
自分が親切にされるに値しない人間だから。



厳しい言い方ですが、
こういった解釈もあるという事です。

そして、
これらの解釈を頭に入れて、
日々の、
自分の言動と照らし合わせて見ると、
「原因と結果」
がよく理解出来ると思うのです。

こんな偉そうな記事を書きますが、
僕は、
「やられたら、やりかえす」
心の小さな人間です。

僕は、
もっともっと、
心を大きくしたいと思っているのです。

何事も、
自分から発信していくものだと思うのです。

良い事を発信すれば、
だいたい、
良い事が返ってきました。

悪い事を発信すると、
やはり悪い結果しか残りませんでした。


だったら、
自分から、
人を尊敬すればいい。

そうすれば、
他人から尊敬されるかも知れません。

自分から、
人を好きになればいい。

そうすれば、
他人から好かれるかも知れません。

自分から、
人に親切にしてあげればいい。

そうすれば、
他人からも親切にされるかも知れません。


最後に言いたいことがあります。

僕が書いた文章は、
あくまでも「きれいごと」です。
あくまでも「理想論」です。


世の中にはね、
・サイコパスだとか、
・アスペルガー症候群だとか、

そういう症状に偏った人も多いです。

そういった人達には、
「社会の常識的な事」
が理解出来ないのです。

そういった人達に、
僕が書いた記事を、
当てはめてしまうと失望しますからね。

サイコパスだとか、
アスペルガー症候群だとか、
そんな人達には、
他人を尊重するだとか、
他人に好かれるだとか、
他人に親切にするだとかは無理ですから。


あくまでも、
心に「良心」がある人に対してです。

僕が書いた文章は、

「自分にも非があるかも知れないな。」

と反省出来る良心を持った人に向けて、
書いた文章ですから。


IMG_7813.JPG


スポンサーリンク