正と負の「連鎖反応」

悩みを抱えた人がいて、
その人の悩みを聞いてあげると、
今度は、悩みを聞いてあげた、
「その人自身」が、
悩むことになる場合があります。

「ミイラ取りがミイラになる」

こういった、
ことわざのような事態になる事が多々あります。

それは、
自分に「力が足りない」からです。

相手の悩みを解決させてあげるための、
「方法を知らない」からです。


また、
相手の悩みを解決させてあげるための、
「手段が間違っている」からです。


相手の悩みは、
「相手に解決させる」
ことが大切だと思います。

というのも、
悩みを抱えている人がいて、
悩みを相談しに来た。
相手の悩みを、
自分が代わって解決してあげた。

そうすると、
また今度、
その人が悩みを抱えた場合、
あなたの所にやって来て、
悩みを相談します。

そしてまた、
あなたは悩みを解決してあげる。
その繰り返しになります。

悩みを抱える人は、
悩み事が出来たら、
他人に悩みを丸投げすると、
悩みが解決出来るのですから、
自分で努力しようとはしません。

その悩み事には、
「原因」があると思うのです。

悩み事となる発端・原因があるのです。

悩み事を抱えてしまう人が、
何故?
毎度毎度、悩み事を抱えてしまうのか?
その原因を探って、
その原因を改善する事が大切ではないでしょうか?

人の顔色ばかり見て生活する人が、
他人に自分の気持ちを伝えたいけど、
言いたいことが言えなくて、
ストレスが溜まって、
それが悩みになる場合がある。

言いたい事が言えないから、
知り合いに、
言いたいことを聞いてもらう。
それで少しは心がスッキリするものの、
また、同じことを繰り返してしまいます。

言いたいことが言えない人の、
「愚痴を毎度毎度、聞く」のではなくて、
言いたいことが言えない人に、
言いたいことを言えるようになる方法を、
教える事が大切なのではないかな?と思うのです。

言いたいことを言えるように、
アドバイスしてあげると、
悩みを抱え込みやすい人は、
悩みを抱えにくくなるかも?知れませんよね。

そうすると、
自分もまた、
他人の愚痴を聞かされたり、
他人の悩みを背負わされることが少なくなるのです。

他人の悩みを聞くのが?
それが、
あなたの商売で、
お金になるのなら?
喜ばしい事でしょうけれど、
毎度毎度、
悩みを相談されては困りますよね?

他人の悩みを聞くのには、
かなりのエネルギーが必要になります。

相手は、
悩みを相談して、
心が軽くなるでしょう。

しかし、
悩みを聞いた人は、
相談者の悩みを背負わされて、
心が重くなる人もいます。

他人の悩みを聞いて、
自分までもが心が重くなる。

そして自分は、
知り合いに、
その悩みを相談するのです。

そうすると、
悩みを相談された人が、
心に重荷を背負わされて、
誰かに相談するのです。

そういった負の連鎖が、
どこまでも続くのです。


その逆も然り。

良い噂話などは、
人から人へと広がるものです。
それが正の連鎖です。

世間でいうところの、
「クチコミ」
というものです。


IMG_9939.JPG



スポンサーリンク