幸せの前兆

僕は「引き寄せの法則」を学んでいます。
着実に、
僕は幸せを引き寄せています。

しかし、
僕の現状と言うと、
「心が病んでいる」
のが現状です。

心が病んでいるのが幸せなのか?

と、皆さんは不思議に思うでしょう。
僕にとっては、
心が病んでいることが、
「幸せになるための前兆」なのです。

この、
今の心の病みが解決したならば、
僕は幸せを手に入れられるのです。

幸せを手に入れるために、
幸せを招き入れるために、
心のスペースを広げているのです。

僕の心の中には、
ある人物への憎しみ、
憎悪が溜まりに溜まっている。
それが溢れ出てきている。

憎悪で一杯になった僕の心に、
幸せな気持ちをストックするスペースがないのです。

憎悪を吐き出して、
ブログに吐き出して行くと、
心の憎悪が減って来て、
幸せをストックするスペースが増えるのです。

心に溜まったストレスなどを、
紙に書いていくと良いと言われます。

紙に書いて、
それを読むと、
自分の落度や相手の落度、
その問題を「客観的」に見る事が出来るのです。

自分は悪くない!
と思っていたとしても、
よくよく、
冷静になって、
紙に書いたストレスを読んで行くと、

自分の非に気付くのです。

そういった効果が得られるから、
僕はブログに、
自分の恥になるような事でも書くのです。

自分が幸せになりたいからです。

自分が幸せになれば、
迷惑を掛けていた人に対しても、
悔い改めて謝罪出来るし、
心からのお詫びもできますし、
幸せを分けてあげれます。


そういったことで、
僕の心は病んでいますが、
その病みを吐き出しています。

こういった行為こそが、
「引き寄せの法則」
を実践している最中なのです。

引き寄せを建設している最中なのです。

だから僕は、
心の憎悪を吐き出して、
心に幸せを招き入れるスペースを作っているのだと思うと、
心の病みを抱えていても、
先々の希望があるのです。

もう少しの辛抱だ。
心が軽くなってしまえば、
コッチのもんだ!ってね。

引き寄せの法則に気付いたお陰で、
僕は心を軽く出来ている。

僕は、
今は不幸に見えるかも知れませんが、
幸せなのです。

だって、
幸せになろうとしているのです。

幸せになろうと、
心の憎悪を吐き出させて貰えているのだから。

幸せになるための準備をしているのですから。

それって、
幸せですよね。

そう考えると、
幸せですよね。


777777-633ae.jpg



スポンサーリンク