もう1つの、人としての心の取り戻し方

僕は大きな病気を発症して、
心が病んでいた時がありました。

その時に、
通院先の病院で、
人間関係についても悩んでいました。
心が傷付きました。

僕の心が、
更に病んだと思います。

自分ではどうする事も出来ませんでした。
だって、
心が病んでいるのですから。

通院生活をしていて、
病気が悪化して、
地元から離れた病院へ入院する事になりました。

初めての土地で入院生活をし、
知り合いもいない。
1人ぼっちでした。

心が病んでいる僕の、
孤独な生活が始まるのだと思っていました。
更に、
心が病むのだと恐れていました。

しかし、
僕は入院した途端に、
心が軽くなったのを感じました。

とても楽なのです。

誰の顔色を見る訳ではなくて、
誰に気を使う訳でもなくて、
ジョークなんかも言えている。

本来の、
僕の私生活がそこにある。

僕は、
心が病んでいるはずなのに?
普通に入院生活が出来ている。

というより、
ワクワクして入院生活が出来ているのです。

また、
可愛い看護師さんと話していると、
ドキドキしちゃったりするのです。

普通なんです。

心が病んでいた僕は、
その面影すらないのです。

自分を取り戻せているのです。

僕が、
違う土地の病院へ入院して、
何か努力したのか?
というと、
何の努力もしていません。

可愛い看護師さんを見て、
鼻の下を伸ばしていたくらいです。


そうなんです。
環境が変われば、
心も変わるんです。

影響力が変わるからです。

旅行に行くと、
心が弾むのと同じ理屈でしょうかね。

環境を変えるのも、
心を取り戻す、
超~簡単な方法だなと思うのです。

ただ、
違う場所で、
普通に生活するだけです。

顔見知りがいなくて、
誰も知り合いがいない、
そんな状況の方がよりベストかも知れません。

ということで、
僕は今、
心が病んでいるので、
過去のそういった経験を活かして、

今、通院している病院を変えようと思う。

通っている病院にストレスがあるから。

それをガマンするから、
自分が苦しくなる。

転院すれば楽になるのは解っている。

転院先で、
また、
人間関係で苦しくなれば、

その時はまた、
転院すれば良いと思う。

その場所に執着する義理立ても、
筋合いもないのですから。

大切なのは、
自分が暮らしやすい環境を大切にすることですから。

そうしないと、
心が病んでしまいますからね。

それを、
忍耐だとか我慢しろだとか、
美徳意識を振りかざす無神経な人間も多い。

そんな無神経な言葉は、
ただの理想論でしかないのです。

日本人の、
美徳意識が偏り過ぎた、
ただの偏見です。

美徳意識は素敵なものですが、
偏り過ぎたら無様なものになる。

「日本人ならこうしろ!」
というのは美徳でも何でもない、
それはあなたのエゴだ。

他人のエゴを押し付けられても困る。


環境を変えると、
自然に、
心が変わってくれています。

なんの努力も必要ありません。

ただ違う土地で、
美味しい物を食べて、
誰の目も気にせずに、
普通に生活していれば良いのですから。

旅に出るのも良いですよね。

環境が変わればね、
嫌な思い出が、
心の片隅に追いやられます。

何か、
忘れたいことがあるならば、
環境を変えるのもいいかもしれませんね。

失恋したときなども、
環境を変えると、
心が癒されて、

また、そこで、
本来出会うべき人と出会えて、
恋が始まるかも知れませんし。


僕は、
好きな人の事を忘れて、
新しい環境で、
素直に恋をしてみようと思う。


IMG_7813.JPG






スポンサーリンク