いやらしい性格な人

ある人に、
僕がブログを書いている事を教えた。

僕は相手に言いました。
「僕のブログを読んでくれても良いですよ。」
と言いました。

ある時、
その相手が僕に尋ねてきました。
「最近は、植物栽培の調子はどうですか?」
と近況を聞いてきた。

何だか不快な気持ちになりました。

僕のブログを読んでいるくせに、
わざわざ、
かまをかけるような、
いやらしい聞き方をして来るのです。

僕は、
その相手が、
こっそりと僕のブログを読んでいるのを知っている。
こっそりも何も、
ブログは色んな方々に読んでもらう為に書いています。

当然、
その相手にも読んで貰って結構なんです。
実名を使って書いていますから、
僕がブログを書くのは、
隠し立てするような事でもありませんし。

そして、
僕のブログを、、
何だかこっそり読んでいるのが解ったので、
あえて、
僕の方から、
ブログを読んでもらって結構だと言っているのです。


しかし、
その相手は、
何ででしょうか?

僕のブログを読んでいないフリをして、
色々と、
ブログに書いてあるような事を、
僕に、
わざわざ聞いて来るのです。

その意図が理解出来ません。

その、
いやらしい神経、
いやらしい性格が、
とても気持ち悪いです。

いい年した大人が、
そんな事をするのですから。

僕が、
ブログを読んでも良いですよ、
読んで下さいよと言っているのですから、
普通に、
「高瀬さん、ブログ読みましたよ」
と言って、
「ブログの内容をもっと聞かせてくださいよ」
と言えば良いのではないでしょうか?

何で、
ブログを読んでいないフリをして、
しらじらしく、
ブログの内容を聞き出そうとするのだろうか?

気持ち悪いです。

その相手は、
今も、
この記事を読んでいるでしょう。

そうですよ、
あなたに向けて書いているのですよ。

この、
薄らハゲめ!

出典:おもしろ生物図鑑
画像は「アホウドリ」

82.jpg



スポンサーリンク