イエス・キリストのたとえ話

天の御国は、
自分のぶどう園で働く労務者を雇に朝早く出かけた主人のようなものです。

彼は労務者たちと1日1デナリの約束ができると、
彼らをぶどう園にやった。

それから9時頃に出かけると、
別の人たちが市場に立っており、
何もしないでいた。

そこで彼はその人たちに言った。

「あなたがたもぶどう園に行きなさい。
相当のものをあげるから。」

彼らは出て行った。

それからまた、
12時頃と3時頃に出かけて行って同じようにした。

また、
5時頃でかけてみると、
別の人が立っていたので、
彼らに言った。

「なぜ、1日中仕事もしないでここにいるのですか」

彼らは言った

「誰も雇ってくれないからです。」

彼は言った

「あなたがたも、ぶどう園に行きなさい」

こうして夕方になったので、
ぶどう園の主人は、
監督に言った。

「労務者達を呼んで、
最後に来た者たちから順に、
最初に来た者達にまで、
賃金を払ってやりなさい。」

そこで、
5時頃に雇われた者たちが来て、
それぞれ1デナリずつ貰った。

最初の者たちがもらいに来て、
もっと多くもらえるだろうと思ったが、
彼らもやはりひとり1デナリずつであった。


そこで、
彼らはそれを受け取ると、
主人に文句をつけて言った。

「この最後のものは1時間しか働かなかったのに、
あなたは私たちと同じにしました。
私たちは1日中、
労苦と焼けるような暑さを辛抱したのです。」

しかし、
彼はその一人に答えて言った。

「私はあなたに何も不当な事はしていない。
あなたは私と1デナリの約束をしたではありませんか。
自分の分を取って帰りなさい。

ただ私としては、
この最後の人にも、
あなたと同じだけ上げたいのです。

自分のものを自分の思うようにしてはいけないという法がありますか?

それとも、
私が気前が良いのであなたの目には妬ましくおもわれるのですか?」

このように、
後の者が先になり、先のものが後になるものです。

(マタイ20章1~16節)




IMG_8542.JPG






スポンサーリンク