人を「バカにする人」・「バカにされる人」

極論を言うと、

バカにされたくない人は、
バカにされません。

バカにされても平気な人は、
バカにされます。


また、
こんなケースもあるでしょう。

バカにされたくないけど、
相手に反論が出来ずに、
ヘラヘラして誤魔化している情けない自分。

そして心に納得させようとする。

「ああ、あの人は非常識なんだ。」
「あんな人、相手にしないよ。」

そうやって、
自分が「意気地」がなくて、
相手に反論が出来ないことを棚に上げて、
相手を責めて、
自分を正当化しているんです。


本当は、

「バカになんてされたくない!」
「言い返してやりたい!」

心では、
そう思っていても勇気が無いのです。


何事も最初が肝心です。

僕は出先で、
「人をからかう」
人と接することがある。

僕(48歳)よりも年配で、
「人をからかう」
立場の人間ではない。

それでも、
人をからかうのが大好きなようです。

人をからかっては、
他人からの注目を浴びたいようです。

「ああ、あの人、面白い人だね!」

と称賛されたいのでしょう。

自分が他人から称賛されたいからと言って、
もの言えぬ老人を相手に、
その老人をからかって、
笑を取ろうとする。


何でしょう、
人を人と思わず、
オモチャにしているようです。


そんな人が、
調子に乗って僕の所に来る。

僕に対しても、
からかうような言葉を発してきた。

僕は、
「調子に乗るなよ」
という態度で応対しました。

すると、
言葉を改めて接してきた。


相手の「反応」を見て、
からかってんだなって思いました。

確信犯です。


もし、
僕がその時、
からかわれていて、
バカにされていて、
それでもヘラヘラと受け流していると、
相手は更にエスカレートして、
からかって来たことでしょう。

からかって、
相手の反応を見て、
「どこまで?からかって平気なのか?」
探っているのでしょう。


もし、
他人から、
からかわれたり、
バカにされているな?
と感じたら、
すぐに対応して欲しいです。

「お前、なめてんのか?」

という態度を示すと良いでしょう。

言葉で言い返すことができなくても、
「態度」を示すことは出来るでしょう。

自分が相手に、
「自分の意志」
を示さないと、
相手は更に調子に乗りますからね。


最初に、
そうやって舐められたら、
ずっと続きます。

後々から、
自分のスタイルを変えるのが難しい場合がある。


何も、
人をからかったり、
バカにするような人間の、
ご機嫌を取る必要なんてありません。

バカにして来たら、
そっくり同じことを、
相手に返してやると良いのです。


良い事をされたら、
同じことを返せば良いのです。


それが人間の「限界」です。

しかし、
人間の限界をこえるところの、
この世界の創造者は、

そんな浅はかな人間を、
愛しておられる。

創造者を罵る人間を、
愛しておられる。


僕には理解出来ないほどの、
大きな愛です。



IMG_8542.JPG





スポンサーリンク