最後まで人の話を聞けない人

会話をしていて、
相手の話を最後まで聞かずに、

「いや、それはダメでしょ!」

だとか、

「いや、それは違うでしょ!」

と、
話しの腰を折っては、
相手の言葉を否定する人がいる。

相手には、
相手の話し方に「順序」があって、
前置きがあって、
根拠があって、
結論を伝える段取りがあります。

その、
「前置き」の部分で、
突っかかってきては、
話の腰を折られると、
一向に会話が進みません。

また、
話しの内容を解りやすくするために、
「例え話」をすることがあります。

その、
例え話に突っかかってきて、
話しが進まない事も多々あります。


人の話を最後まで、
黙って聞かない人の多くは、
「自分が正しい」
というように、
自分が相手よりも上に立って、
相手の話を聞く人が多いようです。

「お前に言われなくても解っている!」
だとか、
「お前が偉そうに言う事じゃないだろ!」
だとか、
そういう上から相手を見ているから、
最後まで人の話を聞けないのでしょう。


そういう人の多くは、
自分よりも人格者の話しならば、
黙って話を聞いているようです。

しかし、
自分よりも下だったり、
同等の人の話だったら、
相手の話を聞いているようで、
聞いていないことが多いようです。

反対に、
「言い負かしてやろう!」
と思っているかも知れません。


そこには、
「損得勘定」があるのかも知れませんね。

・あの人の話を聞くとためになる。
・あの人の話なんて何の得があるの?

自分にとって、
有益と感じたならば黙って話を聞けるが、

自分にとって、
何も得を感じなければ話を聞くのが面倒。

だから、
人の話が最後まで聞けないのかも知れません。


そんなことで、
人と会話をしていて、
相手が、
人の話を最後まで聞かないで、
何度も何度も、
「いや、それは違うだろ!」
だとか否定したり、
話しの腰を折る場合は、

「あなたを見下している」

と言う事になるかも知れませんね。

また、
「あなたを大切に思っていない」
と言う事かも知れませんね。


だって、
大切な人の話は、
黙って最後まで聞きたいものですから。


なので、
人の話を最後まで、
黙って聞けないような人というのは、
「あなたを見下している」
かも知れませんので、
それを意識して会話すると良いでしょう。

相手が否定ばかりしてきたら、
早々に会話を打ち切って、
相手よりも上の、
人格者の方に代わりに話をして貰うと良いでしょう。

自分の話を、
相手は見下して聞いてしまう人なのだから。

自分よりも人格者の人にお願いすれば、
その人は、
黙って話を聞くかもしれません。


結論を言うと、

自分の話を、
黙って最後まで聞いてもらえないというのは、
自分が相手から、

「見下されている」

という事です。


IMG_6275.JPG



スポンサーリンク