糸の切れた凧

僕には「今年の目標」があった。
1月から、
必死に目標のために努力していました。

それが、
ちょっとした計算ミスで、
目標達成が出来ませんでした。

8か月も努力してきて、
ちょっとした計算ミスで。


それ以来、
糸の切れた凧のような生活です。

何をするにも力が入りません。

新たに、
目標を設定しようと努力しますが、
中途半端に終わってしまう。


目標があった時は、
毎日が必死でした。

必死にならないと、
目標が達成できないからです。


結局は失敗に終わって、
立ち直れていません。


ずっと、
立ち直れないのかと思っていたのですが、
どうやら、
必死に努力し過ぎていて、
心身共に疲れ切っていて、
立ち上がる気力が無いようです。

それだけ、
毎日が必死だったのでしょう。

目標達成するという意地だけで、
何とか踏ん張っていたものの、
ミスをおかして目標を達成できなくて、
疲れ切って動けない状態なんです。


いざ、
目標が断たれて、
生き甲斐を失ってしまうと、
嫌なことが降りかかって来ます。

普段、
何とも思わない事までが、
嫌な事として意識に入ってきます。

必死に、
目標のために努力しているときは、
そんな、些細な事など、
気にも留めないし、
意識にも入ってきません。


それがどうでしょう、
毎日毎日、
嫌な出来事が舞い込んでくる。

弱り目に祟り目です。


このままだと、
益々、心が病んでしまいます。

心と体を元気にしないとね。


こんな時こそ、
好きな女性からの、
励ましの言葉があったり、
労いの言葉が合ったり、
好きな女性の笑顔が見れたりすると、

心が生き返れたりするものです。


それがどうだろう、
好きな女性には、
そっぽを向かれる始末。

何だかね、
バカバカしくなってきてね。


しかし、
バカバカしく思えてきた事によって、
断捨離が出来ます。

今まで未練があって、
なかなか捨てれなかったものが、
捨てれます。

バカバカしくなってきて、
未練が無くなって捨てれるんです。


ということで、
今、
捨てれるものを、
どんどん捨てています。

この世に未練が無くなった時、
ようやく、
心が軽くなるのかも知れません。


僕は教会堂へは通いませんが、
聖書に書かれている事を信じています。

聖書に書かれた生き方をするためには、
この世の未練が、
まだまだたくさん残っています。


目標達成が出来なくなって、
糸の切れた凧のように、
僕の心が飛んで行った。

しかし、
それが良かった。


身も心もボロボロになって、
どうしようもない状態になって、
思い出すのです。

初めに、神が天と地を創造した。(創1:1)


IMG_6287.JPG




スポンサーリンク