楽な人間関係の築き方

結論からいうと、
「普段の自分を包み隠さず曝け出す」と、
人間関係がとても楽になります。

とはいえ、
自分の嫌な面を、
好きな人の前で曝け出すのは躊躇します。

けれど、
いざ、
恋人同士になったり、
結婚したとしたら、
普通に嫌な面を晒すようになります。

そして、
好きだった人の嫌な面をたくさん見るようになって、
嫌気がさしてきて、
恋が終ったり、
夫婦生活が終ったりする場合があります。

「性格の不一致」というケースです。


でも、
最初から、
相手の悪い部分も、
良い部分も知っていて、
それでお付き合いが始まるのであれば、
末永くお付き合い出来る事もあるかもね。


片想いの人がいる。
でも、
その人の事を知れば知るほど、
嫌いになる場合もある。

その逆も然り。

何であの人はデリカシーが無くて、
だらしなくて失礼な人間なんだ!
でも、
ある時、
見知らぬお年寄りに、
親切にしている光景を見ると、
「ああいう一面もあるんだ」
と、好印象が残ります。


最初に、
自分の悪い部分を曝け出すと、
とても楽になります。

自分の悪い部分をひた隠しにしたいものです。

それを、
勇気をもって、
普段通りに振る舞う事で、
悪い部分を曝け出すことで、

自分が小さな「良い事」をすると、
周りからの評価が高くなるんです。


常識があって、
他人に親切な人、
外見が良く見える人が、
「痴漢で逮捕」されたと聞くとどうですか?

幻滅するでしょ?


それがね、
普段からろくでもない人が、
他人に親切にしている光景を見ると、
「人は見かけによらない」と、
評価してもらえるし、
良い行いが目立つのです。


そういった事で、
ありのままの、
普段通りの自分を曝け出して、

それでいて、
そんな自分を愛しく思ってくれる人がいたなら、
それは真実の恋・愛かも知れませんね。


言い換えると、
自分を偽って、
仮面を付けて自分を隠していると、
本当の自分を見られたとき、
相手は離れていきます。

仮面をつけた生活は、
とても心苦しいものです。


だから、
仮面をはずして、
ありのままの、
自分を曝け出すと楽です。


自分の悪い部分がスパイスとなってくれます。

自分の悪い部分が、
少しの、
自分の良い行いを大きく評価してくれます。


よく漫画では、
不良学生が、
飢えた子犬にエサを与えるシーンがある。

あれがそうなんです。

その見た目と、
心の中の優しさのギャップが、
人に与える「印象」に影響するようです。


IMG_7813.JPG




スポンサーリンク