ワスレナグサ栽培日誌 9日目

おはようございます。
(。・ω・)ノ゙ ~~~♡

IMG_6355.JPG



今朝の奈良県は、とても良い天気です。
朝焼けがキレイだったので写真を撮ってみました。

IMG_6348.JPG


IMG_6349.JPG



去年から育てていたワスレナグサが、
343日目で完全に枯れてしまいました。


それも、
開花しないままで終わってしまった。(;゚Д゚)
育て方が悪かったからでしょう。



枯れて、
終ってしまう前に、
ワスレナグサの種を撒いておきました。

9月28日に種を撒いて、
今日で9日目になります。



今日から新たに、
ワスレナグサ栽培日誌を書いて行こうと思います。

種を撒いたのが9月28日ということで、
正式に、
何日目に発芽して?
何日目に開花したか?


記録を残したいので、
今日からの栽培日誌ですが、
9日目ということにしますね。(o^―^o)ニコ


今回からは、
しっかり「栄養剤」なども使って行こうと思います。

僕はO型で、
取扱説明書などを読まない性格です。
思い込みと感を頼りに育てていました。( ´艸`)

失敗してから説明書を読んだりしていて、
何とも間抜けな事をしています。


今日は、
ワスレナグサに何の変化もございません。

IMG_6358.JPG


IMG_6356.JPG



発芽するまでは、
霧吹きで土に水をかけて、
植木鉢の中を保湿?するために、
紙を置いています。

発芽が確認出来たら、
紙はもう使いません。

IMG_6359.JPG




【ワスレナグサの種まきのポイント!】

ワスレナグサは暑さに弱い植物です。
気温が20℃くらいになる、
9月末くらいの秋、
2月頃の春先に撒くのが良いみたいです。
涼しい季節に撒くと良いようですね。

そして種ですが、
水に一晩、種を浸しておくと良いそうです。
発芽がしやすくなるようです。


IMG_6378.JPG



また、
水に浸している種が、
水面に浮いている物は発芽しない種だそうです。


種は、
沈んでいる種を撒きましょうね。

IMG_6380.JPG



種まきをして、
色んなサイトを参考にすると、
発芽は、平均して10日くらいでしょうかね。

なるべく種を撒いたら、
そのままの環境で育てること。
移植しないで、
そのまま育てる方が良いそうです。
とてもデリケートな植物だそうです。



カジュマルです。

IMG_6352.JPG



アロエベラです。

IMG_6351.JPG






スポンサーリンク