言葉という「コミュニケーションツール」

言葉は便利なコミュニケーションツールです。

しかし、
時にその便利な言葉で、
人の心を傷付けたりするものです。

また、
その言葉で、
人の心を生き返らせることもある。



使い方が大切です。



使い方を大切にしていても、
言葉を受ける側の主観よって、
反応が変わってしまう事もある。


こちらとしては、
「褒めている」のですが、
相手にとっては、
「からかわれている」
と誤解されることもある。


言葉の使い方は、本当に難しいです。

言葉の「言い方」も大切です。


友達が旅行へ行ってきた。
お土産を貰った時に、
「私、これは食べれないから要らない。」
といって、
受け取らなかったとしたらどうでしょう?

お土産を買って来た友達は、
良い気分ではないはずです。

もし、
自分が食べれない物だとしても、
まず、
「ありがとう」
とお礼を伝えるのが筋ではないでしょうか。

そして、
「実は、こういったものを食べると、
アレルギーを起こすので食べれなくて、
家族で食べていいですか?」


といった回答があっても良いと思うのです。


もし、
自分が!?

友達へお土産を買って来て、
「こんなの食べないから」
と、友達が受け取らなかった時、
あなたは残念な気持ちになりませんか?

ならない方もおられるでしょう。

残念な気持ちになる方もおられるでしょう。



残念に思う人は、
自分は他人から何か施しを受ける時は、
感謝して受け取るようにしましょうね。


残念な気持ちにならない方は、
そのままのスタイルで良いと思います。
傷付いたりしないのですから。
そういう、
人間関係が構築されているのだろうから。


IMG_8854.JPG



スポンサーリンク