プレイボーイなメダカ

こちらの水槽で、
3匹のメダカを飼っています。

IMG_5813.JPG



飼っているというか、
「品種改良」をしています。

メダカは、オスとメスの、
「両方の特徴」
を持って産まれてくるようです。

そのため、
品種改良を重ねると、
どんどん新しい形になるようです。


メダカの品種改良には、
「賛否両論」の声があります。


メダカの品種は多いですが、
その内、品種が落ち着くと思います。


僕の考えとしては、
自己管理を徹底し、
自然界に放たないで、
「生態系を乱さない管理」をすれば、
楽しみの1つとしてOKだと思っています。

というか、
メダカは繊細な生き物ですから、
自然界に放ったとしても、
他の魚に捕食されたりで、
生存率が低いでしょう。



さて本題です。

3匹のメダカですが、

・オスが1匹、
(青みゆき(幹之)ヒレ長スワローめだか 松井系)


IMG_6077.JPG



・メスが2匹います。
(透明鱗ヒレ長スワローめだか )

IMG_5102.JPG



(ポニョメダカ)


IMG_5991.JPG




オスの松井が、
頑張ってくれることを祈っていましたが、
まったく仕事をしてくれません。(;゚Д゚)

松井という名前だから、
強打者的なイメージがありましたが、
ベンチを温めるばかりなメダカ。( ゚Д゚)y─┛

見かねて、
他の水槽からオスメダカを連れてきました。

「東天光」という品種のメダカです。

IMG_8430.JPG



このメダカは、
かなりのプレイボーイです。
(;゚∀゚)=3ハァハァ


水槽に入れた途端、
猫がカルカンにとびつくように、

「メスにまっしぐら!!!」

IMG_6207.JPG


IMG_6081.JPG




数分後、
2匹のメス達のお腹に卵が!?

東天光に、
特別に名前を付けてあげました。

「ジミー大西」と。



スポンサーリンク