人間の言動には「矛盾」が多い

派手な服装をした人を見ると、
「遊んでいる人」
というレッテルを貼られやすいです。

レッテルを張られた人は、
「人を外見で決めつけるな!」
と反論する。


しかし、
よく考えてみると、
派手な服装を着るというのは、
「注目を浴びたい」
という気持ちの表れでもある。

自分が好むファッションで、
「これが私のスタイルです。」
と、アピールしているのです。

自分の趣味や主観を、
言葉ではなくて、
ファッションという形で、
外見を通じてアピールしているのです。



ただ、
自分の思惑通りの「反応・評価」が帰って来ない時、
「人を外見で決めつけるな!」
と反論してしまう事になる。


派手な服装をしていて、
自分は、
「カッコイイね!」
という世間からの評価を受けたいのに、

「遊んでいる人」


という評価を受けてしまうから面白くない。


本音は、
外見で評価されたいのに、
自分が求める評価じゃない時、
外見で決めつけるなと怒ってしまうところに、
矛盾を感じてしまいます。



人には「承認欲求」があります。

やはり、
自分を「認めたもらいたい」思いがあります。

その思いがあるから、
矛盾した言葉を使ってしまうのかも知れませんね。


26167600_204022477003407_1235040440197861389_n.jpg



スポンサーリンク