メダカを育てるのは難しいが、それだけ愛おしい。

最近、やっと?
メダカの育て方になれて来ました。

メダカの育て方で、
一番大切なのが「水質」だと実感しています。


何をいっても、
水質が悪ければ病気にもなりますからね。


IMG_0906.JPG



メダカ達が卵を産み付け、
その卵を別の水槽に移して、

稚魚になるまで別の水槽で育て、
大きくなったら、
生まれ故郷に帰してあげる。



こちらの水槽が、稚魚用の水槽です。
右が、卵用で、
左が稚魚用です。
*チェリーシュリンプも一緒に生活しています♪

IMG_0905.JPG



親メダカ達がいる水槽では、
卵や稚魚が、
親メダカに食べられることがあるんです。

それで、
別の水槽に避難させてあげています。


2~3日に約5個くらい、
卵を採取しています。


孵化して、
大きく育つのは難しいようです。

じっくり、
稚魚用水槽でメダカ達を大きくしてから、
親メダカ達と合流させてみます。


今年の2月から、
メダカを飼い始めました。

3月に我が家に来たメダカが、
卵を産卵し、
孵化し、
孵化したメダカが親になって、
卵を産み付けています。


メダカの生命サイクルが早いです。

また、
メダカの一生が、
自然界ですと「1年」ですとだそうです。



水槽などで飼う、
人工飼育ですと、
天敵やエサ不足で死んでいくメダカが少なくなります。
人工飼育ですと、
3年~5年ほど生きてくれるようです。

メダカは、
品種改良を楽しめたり、
子供を増やしたりできる所が、
人気の秘密かも知れませんね。

IMG_0907.JPG





スポンサーリンク