美味しい「野菜カレーうどん」を作って食べました。(o^―^o)ニコ

本日の昼食は、

「野菜カレーうどん」でした。

とても美味しかったです。(o^―^o)ニコ

IMG_0713.JPG


IMG_0705.JPG


IMG_0704.JPG



肉などが入っていなくて甘みがない?
ように思いますが、
ジャガイモとサツマイモ、
野菜の甘みがあって美味しいです。

IMG_0707.JPG


IMG_0709.JPG



カットして冷凍保存してある野菜を使います。

IMG_0676.JPG



湯がいて、茹で汁を破棄します。

IMG_0681.JPG


IMG_0682.JPG


IMG_0687.JPG



鍋に素材をいれます。

IMG_0686.JPG


IMG_0688.JPG


IMG_0694.JPG



調味料を入れて煮込んでいきます。

IMG_0695.JPG


IMG_0696.JPG


IMG_0671.JPG


IMG_0701.JPG


IMG_0698.JPG




昨日は通院日でした。
大好きな看護師さんと話をしていて、
「カリウム」の話題になりました。

看護師さんが、
カリウムの摂り過ぎを心配して下さっていて、
「茹でこぼし」を勧められました。


今日はしっかり、
大好きな看護師さんの言う通り、
茹でこぼしをしてみました。


最近は、
野菜の摂取量がハンパなく多いので、
念のために茹でこぼしをしようかな。



僕としては、
腎機能が弱いですが、
まだ尿が出てくれていて、
尿を出すためにも、
カリウムを積極的に摂取していました。


血液検査の結果を観ながら、
少しずつ、
カリウムの摂取量を増やしていました。



8月の、血液検査までの期間に、
野菜を中心とした食生活をして、
体重を落としたいです。

スッキリした肉体にしてから、
必要な筋肉を付けたいと思います。


というか、
僕は両足を切断してありません。

hyujdy (1).JPG



両腕を使って、
車イスを使って生活をしていますから、
手が、「手足」になるのです。


そんなこととで、
筋肉を付けるというよりも、
普段の私生活で上半身を使う事が、
良い運動になっているようです。


なので、
車イスに乗り移りさえできる筋力があれば問題ないです。



僕の場合は、
身体に障害がありますから、
体重は、
軽いに越したことは無い。

軽い方が良いんです。



そういった事で、
野菜生活をしながら、
体の贅肉を削ぎ落して、
スッキリした肉体にしたいです。



当面は、
野菜を中心に食べます。

そして、
肉や魚が食べたくなったら、
迷わず、
肉や魚を食べたいと思います。

ガマンするのではなくて、
肉や魚が、

「食べたくなったら食べる。」


そんなスタイルで生活してみます。


勿論、
週に3回の「プチ断食」も欠かさず行っていますし。



僕の意識している食生活は、

・消化に良い物を食べる。

・食事をする時間帯は、
 昼12時~夜8時までとする。

・食べる順番を守る。
 ①果物
 ②野菜
 ③炭水化物
 ④タンパク質
 こういった順番を守る。

・消化酵素の違いを知る。
 炭水化物を消化させるのはアルカリ性の消化酵素。
 タンパク質を消化させるのは酸性の消化酵素。
 魚と米を使った寿司などは、
 それぞれ違った消化酵素を必要とするので、
 なるべく一緒に食べない事。


こういった知識を念頭に、
水分をしっかり摂って、
体内の水分を潤したいです。

人体は、水分で出来ていますからね。



腹5分目くらいの食事にセーブして、
細胞内の「ミトコンドリア」に働いてもらって、
健康が維持出来たら幸いです。



食べ過ぎず、
ミトコンドリアを上手に活性化させる事。



この食生活は、
僕にとっては最善ですが、

他の方々には、
最善ではない場合があります。

個人差がありますからね。




自分の食生活が正しいのではない。
人には人に合った食生活がありますからね。

十人十色です。
個人差があって当たり前。



人の数だけ、
食生活の違いがあります。


消化酵素の働きが強い方などは、
肉や魚を食っても、
しっかり早い時間で消化する方もいる。

その逆も然り。
消化に時間が掛かる人もいるのです。



消化に時間が掛かる人に、
肉を勧めると、
肉を食べて消化に時間が掛かって、
内臓に大きな負担をかける事もある。




他人にアドバイスする時は、
その人の体質に合わせた、
生活環境に合わせた食事を提案しないとね。

自分の食生活を押し付けたら、
相手は迷惑する事になりかねませんからね。

よく考えないとね。



人には人のやり方もある。
その人に合った食生活があるのですよ。


世間的に見たら、
その人の食生活がおかしく見えても?

それが、
その人にとって最善なのかも知れません。

自分と、
相手の食生活を「比べる」と、

「どちらが正しい?」

といった問題が出るでしょう。


どちらも正しいのですよ。
人には違いがあるのですから。


他人の生活と
自分の生活を、

「一緒にしてはいけない」

のでしょうね。




他人の生活を尊重したいですね。




スポンサーリンク


スローライフランキング
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村