透析患者ですが、意識的にカリウムを摂取しました。

僕は慢性腎不全で人工透析を受けています。
今年で4年目です。

透析患者は、
1日の「カリウム摂取量」を、
「1500mg以下」に制限しています。



僕は腎臓が弱っていますが、
幸いな事に、
まだ、尿が出てくれます。

尿から、
カリウムなどを排泄出来るようです。



今、
いろんな食生活を試している最中です。

野菜を中心とした食生活や、
極力、肉や魚を食べないようにして、
動物性のタンパク質を減らした食生活など。

色んな食生活を実践して、
体調に良い食生活が見つかれば、
それを続けたいと思っています。


今日は午前中に食事をし、
午後からも食事をしました。

午前と午後からの食事で、
かなりのカリウムを摂取したと思います。



午前中だけで、
煮込んだ野菜を400gほど食べていて、

午後からは、
じゃがいもとサツマイモを570gも食べました。
*じゃがいも500g、サツマイモ70g。



計算すれば、
簡単にカリウムの摂取量が出ますよね。(;゚Д゚)

茹でこぼしたジャガイモ100gのカリウムは340g。

じゃがいもを500gも食べましたからね。
朝からの野菜のカリウムと、
サツマイモのカリウムを足すと・・・・(;゚Д゚)


午後から食べたジャガイモなどは、
もう胃で消化され終わっています。


今頃は、
小腸でも、更に消化され、
小腸の壁にある、
絨毛(じゅうもう)という器官から、
栄養を吸収し始めている頃でしょう。



カリウムの摂取量が多かったので、
これからが?
今夜が峠かも?



摂取したカリウムが、
これからどんどん吸収されていくと思う。

何らかの健康被害が出るかも知れません。
出ないかも知れません。

今のところ、
何の変化もありません。

まあ、取りあえず、
尿が出てくれるから、
尿でカリウムが出てくれるだろう。


難しい話はこれくらいにして、
じゃがいも、美味しかったです!

IMG_0602.JPG


IMG_0612.JPG


IMG_0600.JPG



皮ごと煮込みました。

IMG_0611.JPG


IMG_0614.JPG



最初から調味料を入れて煮込むだけ。

IMG_0615.JPG


IMG_0616.JPG


IMG_0618.JPG


IMG_0619.JPG



アクを取りながら煮込む!

IMG_0620.JPG



出来上がりです♪

IMG_0621.JPG


IMG_0623.JPG



このホクホクさが最高!

IMG_0626.JPG





僕は透析を受けていますが、
まだ、尿が出てくれています。

尿が出てくれるように、
腎臓機能を温存させる工夫もしています。

腎機能を温存させる方法こそが、
僕の体重管理なのです。



他の透析患者さんと、
僕の体重管理の「概念」が違います。


他の透析患者さんの場合は、

・1日の生活に必要な栄養を摂りながら、
・透析間体重増加率を守りながら、
・筋力を付けるための運動をし、
・より良い食生活や生活習慣を目指す。

これらの事を踏まえた「体重管理」を、
透析者の方々は実践されているようです。


僕の場合は、
それらの意識をしながら、
「除水をしない」
ことが「前提の体重管理」になります。


というのも、
僕の腎機能はまだ少し機能するってことです。

腎機能を温存させるためには、
「除水をしてはいけない」のです。



人工透析を受けていると、
除水がセットです。


食事をすると毒素が溜まります。
運動をするとクレアチニンが上がります。

人工透析で、
その毒素等を取り除きます。



また、
体内に溜まった水分も除水します。

除水をしてしまうと、
腎臓が、
「尿を作らなくても良いのか?」
と誤解してしまって、
「腎臓が尿を作るのを休んでしまう」そうです。



人工透析を受けていると、
医師から言われます。
「その内、尿が出なくなるから」
と言われます。

けれど、
それは、
人工透析の時に「除水」するからです。



「除水するから、
腎機能が衰退して、
尿が出なくなるんです」


と説明するのが、
患者への、
医師の責任ではないのかな?
って思うのですがね。


僕が今、
通っている病院では、
こういった説明もなければ、
今後、
どういった治療を受けていく事が望ましいだとか、
そんな説明は一切ない。


ただ、
人工透析を受けさせてくれて、
血液検査に問題があれば、
他の医療機関へ回される。



ぶっちゃけ、
そういった医療行為だけで、
助かっています。


というのも、
自分でネットで調べて、
自分のやりたいような治療が出来ているからです。



僕は今、
残された腎機能を温存させたいから、
除水をしないで良いように、
ドライウェイトを超えない体重で、
毎回通院しています。

ドライウェイトさえ超えなければ、
除水しなくて済む。

除水さえしなければ、
残された腎機能が温存できる。



そういった事で、
僕の体重管理は、
「除水しないため」
に、体重だけを軽くするためのものです。


そういう意識の体重管理です。


そういった体重管理ですが、
体重管理のコントロールが出来ていたので、

そういった体重管理にプラスして、

・1日の生活に必要な栄養を摂りながら、
・透析間体重増加率を守りながら、
・筋力を付けるための運動をし、
・より良い食生活や生活習慣を目指す。


こいうった要素を取り入れている段階です。


体重のコントロールが出来てきて、
余裕が出来てきたからでしょうね。


腎臓が弱ってしまって、
人工透析を受けているから、
その病気に合わせた食事が必要になる。

それは、仕方がない事です

仕方がないですが、
食事って、
健康であれ、
病気であれ、

全ての人が生きて行く上で必要なこと。

言い換えると、
生きて行くためには食べないとダメ。

食べれさえすれば生きれる。
生きるためには食べること。


仕事をして、
マイホームを建てて、
いい車に乗って、
オシャレして、
隣の家よりも裕福な生活を目指して、

人は、
色んな価値観で生きているけれど、

結局のところ、
どこを目指して生きているのでしょうか?

今の僕は、
病気というのもあるし、
身体的な事情もあって、

この世での、
未来への希望はありません。

あの世への希望しかない。


ただ、
唯一、
この世で幸せを感じることがあった。

幸せというか、
喜びです。

それは、「食」でした。


食は、毎日の事です。

毎日、
美味しいものが食べれて、
健康になれたら、
どれほど嬉しい事でしょうか。


まず、食からかなって。


僕には、
毎日、
食という楽しみがある。


嬉しいです。


最後に、
長文の「一言」だけ書いておきます。



こうして、
食べた物等を記事にUPしていますが、

この先、
病気がひどくなって、
食べたくても食べれなくなる場合もある。

そういった時でも、
そういった状況でも、
食べれる食材を探そうと思う。



自分の状況がどうなろうと、
その時の自分に合った、
食生活を模作して、
美味しい食事を作りたいと思っている。



今、
食事の制限があるからといって、
食べたい物をガマンするのではなくて、

・食べる工夫を、
・食べれるものを探して、


自分で調理するなりすれば、
食の楽しみが衰退する事はないかなって。


自分で調理出来なくても、
料理のレシピくらいは調べて、
考えることくらいは出来るでしょう。

レシピを誰かに渡して、
作って貰えばいいのです。



病気で、
食事の制限あるならば、
その制限の中で、
美味しい料理を作れば良いでしょう。

やってみれば、
案外、
料理って美味しくなるものです。

その逆も然りですが。(笑)


僕の作る雑炊は、
食べれたもんじゃないけど。(笑)




スポンサーリンク