理想的な食生活を目指して、食生活の改善中!

僕は慢性腎不全で人工透析を受けています。
病気に合わせた食生活もさることながら、

まず、
「健康な体」という事を「前提」で、
理想的な食生活を考えてみたいです。


健康な体で生活をしていて、
体に良い食生活ってどんなものだろうか?
それを理解した上で、

次に、
病気になってしまった僕の、
今の病状に合わせた、
理想的な食生活を考えてみたいです。



そうすれば、
健康な方が僕の記事を読んでも参考になるだろうし、
病気の方が僕の記事を読んでも参考になると思うのです。



その為にも、
人体のメカニズムを理解しておくのが先決かなと思う。


人体には生活リズムのようなものがある~


人が生きて行くためには食事が必要です。
そして、
食事をする「生活リズム」のようなものがあるようです。


◆朝4時から、昼12時までを「排泄の時間」とされていて、

◆昼12時から、夜8時までを「摂食の時間」とされていて、

◆夜8時から、朝4時までを「消化・吸収の時間」とされているそうです。



こういったことから、
食事をする時間帯が見えてきますね。



世の中の常識では、
朝ご飯を食べるのが一般的だと思われています。
それが当たり前で常識だろうと言われるようです。

しかし、
上のような人体の生活リズムがあったならば、
朝ご飯を食べる事についての疑問が湧きますよね。



そもそも、
朝ご飯を食べるようになった「原因」もあるようです。


現代は、電気などの普及で、
1日の活動時間が増えたから、
それだけカロリーが必要になっただとかどうとか。

また、
エジソンが「トースター」を開発し、
メーカーがトースターを売りたいがために、
「朝ご飯を食べよう!」
という習慣を作り上げたとかどうとか。


色んな諸説があるようです。


みなさんの、
生活環境で、朝ご飯が必要ならば、
朝ご飯を食べれば良いと思います。


僕は、
僕の生活リズムでは、
朝ご飯が必要ないので食べません。



食事は、もっぱら、
昼12時から夜8時までとしています。

僕は通院生活をしていますので、
早寝早起きをするために、
食事をする時間が、
朝10時から食事をする事もあります。


それは、
その日に、早く寝るからです。
早く寝るから、その分早く食べて、
消化させたいからです。

普段は、
昼12時から夜8時の間に食事をします。




~消化に良いものを食べる~


食事をする時に気を付けている事ですが、
「消化に良いもの」
を率先して食べています。

消化が早ければ、
それだけ栄養の吸収も早いでしょうし、
内臓への負担が軽減されると思うのです。



食べ物の消化に掛かる、おおよその時間です。


◆果物


IMG_9291.JPG



果物は、15分程度で消化され、
腸で吸収されるようです。
消化するためのエネルギーも、
それほど消費されないようです。

食事をして、
消化させるためのエネルギーが必要になります。
それを「食事誘発性熱産生」といいます。

出典:厚生労働省 生活習慣病予防




◆野菜

IMG_9342.JPG


野菜は、3時間ほどで胃を通過し腸へ到達するそうです。
消化に掛かるエネルギーは、比較的に少ないそうです。


◆炭水化物

IMG_0495.JPG



炭水化物は、
「アルカリ性の消化液」を使って消化され、
2時間から4時間で腸に到達するそうです。
消化するのに、たくさんのエネルギーを使うようです。


◆タンパク質

IMG_9347.JPG



タンパク質は、
「酸性の消化液」を使って消化され、
4時間かから6時間かけて腸に到達するそうです。
消化するのに、たくさんのエネルギーを使うようです。



こういった、
食べ物の「特性」を知っておくのも大切だと思います。


というのも、
炭水化物とタンパク質を、
同時に摂らない方が良いそうなのです。

・炭水化物は、アルカリ性の消化液で消化します。
・タンパク質は、酸性の消化液で消化します。


アルカリ性の消化液と、
酸性の消化液が混ざってしまって、
上手に消化されなくなるようなのです。



ということで、

炭水化物を摂る時は、タンパク質を摂らない。
炭水化物を摂る時は、野菜を一緒に食べると良いそうです。

タンパク質を摂る時は、炭水化物を摂らない。
タンパク質を摂る時は、野菜を一緒に食べると良いそうです。



食後の果物は、控えた方が良いようです。
果物を食べる時は、
空腹時に単体で食べた方が良いそうです。

食後のデザートで、
果物を食べてしまうと、
上手く消化が出来なくて、
長時間、胃で停滞してしまって、
胃の中で腐ってしまうそうです。


恐ろしいですね。(;゚Д゚)


こういった、
人体のメカニズムを知って、
食品の消化時間などを知って、

その上で、
自分の暮らしに合った食事が出来たら嬉しいですよね。


これらの知識を得て以来、
夜8時以降の食事をしていません。


以前は、
夜中に食べるインスタントラーメンなどが、
とても美味しく感じていましたが、
あくる日の朝、
胃がもたれていることが多々ありました。

それは、
インスタントラーメンが消化されずに、
胃の中で停滞しているからです。
いつまでたっても、胃がムカついてね。


そういった、
生活習慣の乱れや、
食生活の乱れが、
病気を誘発したのでしょうね。

自業自得です。
反省しています。



あとは、
自分の体に、
1日の生活で必要なカロリーだけを摂る。
余計なカロリーを摂らないこと。


食べ過ぎるよりも、
腹8分目だとか、
現代の食生活環境では、
腹5分目くらいで十分かも知れませんね。



また、
食べ物を「食べる方法」を見直さないとね。

炭水化物とタンパク質を同時に食べると、
消化に悪いってことですから、
「寿司」や「焼肉と白ご飯」なんて、
最悪の組み合わせでしょうからね。




まとめとして、

①自分の生活に合わせて、
 1日の生活に必要なだけのカロリーを摂取する。

②人体の生活リズムに合わせて、
 昼12時から、夜8時までの間に食事を摂る。

③食べ物の「消化時間」を考えて食べる。


④食べ物の「食べる組み合わせ」を考えて食べる。



まず、ここの4項目から始めれば、
それなりの結果が付いてくるはずです。


これらの基本的なこと知識として持っていおいて、
病気の方は、
自分の病気に合わせた食生活を見直せば良いかなって。


夜、8時以降の食事を止めるだけで、
かなりの効果を実感されると思いますよ。


夜遅くに食べる、
カップラーメンは、最悪ですからね。

どうしても、
夜遅くに食べたくなったならば、
消化に良いものを食べたら良いのではないでしょうか。

胃腸に負担が掛からないものをね。


まあ、
夜は、サッサと寝ることです。(o^―^o)ニコ










スポンサーリンク