熱中症とドライウェイトと外出

僕は「慢性腎不全」「人工透析」を受けています。
今年で4年目になります。

この季節は暑くて汗が出ます。
汗が出ると、体重が軽くなります。

軽くなると、
ドライウェイトよりも体重が低くなって、
「指がつったり」、
「血圧が下がる」ことがあります。



僕のドライウェイトは、

◆病院が設定した数値は「47キロ」です。

◆僕の体感によるドライウェイトは「46キロ」です。



僕の腎臓は、
まだ少し、尿を作ってくれています。
その腎機能を温存するためには、
人工透析時に「除水」をしない方が良いみたいです。


人工透析時に、
除水をしてしまうと、
腎臓が働きを休んでしまうそうです。

休んでしまった腎臓は、
だんだん萎縮して、
使い物にならなくなるそうです。



そういった事で、
僕は、
人工透析時に除水をしていません。

ドライウェイトを下回る体重にして通院しています。

ドライウェイトさえ超えなければ、
除水しなくてOKなのですから。
理屈をいうとね。


また、
腎機能を温存させるために、
今年の目標を設定しました。

「今年は、ドライウェイトを超えないぞ!」

と言う目標を設定していて、
まだ1度も、
ドライウェイトを超えた事はありません。

着実に、目標達成に近づいています。


透析間が、
中1日であろうと、
中2日であろうと、
僕は、46キロ辺りの体重に合わせて通院します。

IMG_9886.JPG


IMG_9887.JPG



病院で、体重を計ったら、
「今日は46キロだった。」
というような、そんな体重管理をしていません。


朝、
通院する時は、
家の玄関を出る前に、
目標体重である「46キロ」にしてあります。

目標体重の、46キロにして通院しています。



ただ、
僕は身体的な理由で、
家庭用の体重計を使えません。

hyujdy (1).JPG



そういったことで、
・食べた物の重さ、
・飲んだ物の重さ、
・排泄物の重さ、
・不感蒸泄の重さ、
それらを差し引きして、
現在の体重を確認しています。


1fewrtgws.jpg



2ehrasz.jpg




そういったことで、
不感蒸泄の重さだけが、
計量出来ませんので、
不感蒸泄の重さによって、
目標体重を下回ることがあります。



その、
不感蒸泄の計算が難しい。
不感蒸泄の予測と言いましょうか。


今現在、
僕の体重は、計算上は、
46キロ付近です。
僕なりの計算方法があってね。

表の数字を差し引きし、
更に、この時期だけ、
不感蒸泄を上乗せで「500g」を引きます。



僕の体重が、
「45.6キロを下回って」しまうと、
指がつり始めます。


さらに、
体重が45.1キロを下回ると、
冷や汗が出て、血圧が下がって危険な状態になります。


これが、
どういう事を意味しているかと言うと、


今日、これから買い物に行きます。
片道、
車イスで15分ほどの距離です。

暑いです。

現在の体重が、約46キロです。

買い物に行ったら、汗をかくでしょう。

大袈裟な言い方をしますが、
もし、不感蒸泄が、
600グラムも出てしまうと、
僕は指がつり始めるでしょう。


そして、
もし、不感蒸泄が、
1000グラムも出ると、
僕は、道端で倒れてしまうでしょう。


道端ジャシネナイ!
道端デシンデナルモノカ!


道端ジェシカ?



冗談はさておき、

この季節の外出時は、
僕にとっては危険がいっぱい。


外出するときは、
勿論、
水分を持参して出掛けています。


不感蒸泄で、
体内の水分が減っても良いように、
水を飲んでから外出しようと思います。


それでは、外出してきます。


☆ミ(o*・ω・)ノイッテキマ-ス!!


マタネー o(*'∇')ノ▽””パンチュフリフリ



スポンサーリンク


スローライフランキング
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村