相手からの強要を上手にかわす方法。

時に、人は、
「お節介な生き物」に化けることがある。

お節介が過ぎて、
それが「強要」になるケースもある。


その強要の内容をみると、
お節介な人の「主観や思い込みを押し付けている」事もあるようです。


特に、恋愛については、
お節介の虫が騒ぎ出すようです。



僕の、「過去の恋愛」を例にして話をしてみます。


僕が好きになってしまう女性は、
容姿で選ぶというよりも、
「直観で意識」するようです。

その女性をみて、会話して、
雰囲気を感じて、好きになるようです。



一般的な男性は、
若い頃はどうしても、
恋愛に対して素直になれない事もあるようです。


可愛い彼女と付き合っていれば、
友達にも自慢できたでしょう。

その逆も然りでしょう。


友達からの評価を気にするがあまり、
本当に好きになった女性と、
お付き合い出来ない・・・
そんな悲しい現実もあっただろうと思います。


男の「見栄」があるのかも知れません。


僕の場合は、
そういったプライドはありませんでした。


好きになった女性が居たら、
果敢に「好きです」と意思表示しました。



その人が好きなのに、
好きだと言えずにウズウズしていることが、
出来ない体質だったようです。

O型男性の特徴かもしれませんね。

僕はO型です。

「惚れたらまっしぐら。」




まるで、カルカンに飛びつく猫のようです。(笑)


カルカン CM ねこまっしぐら

https://www.youtube.com/watch?v=yWoGXEMOtak









冗談はさておき、

僕は、そんな性格なので、
友達からも、僕が好きになる女性について、
色々と言われることが多かった。

「あの子よりも、あっちの子が良くないか!?」


友達は、悪気があって言うのではなくて、
友達が見た「印象」で、
あっちの子の方が良くないか?と言うのです。


そして、
勧められた子を見ると、
その女性を見ても、
僕は何も感じません。

やはり、
自分が好きになってしまった女性が良いのです。



友達はね、
僕の為に、
「あっちの子の方が良いよ!」
と勧めているのでしょうか?

友達の好みで勧めているのでしょうか?

もし、友達が、
僕の為を想って、
あちらの女性を勧めてくれたとしても、

あちらの女性と、
僕とのフィーリングが合うかどうか?
解らないと思うのです。


その友達に、
僕と、勧められた女性が幸せになる、
そんな「未来が見える」とでもいうのでしょうか?




僕が選んだ女性は、
「僕はその女性が好きだ」
という僕の気持ちがある。


僕の気持ちに対して、
その女性がどう?
反応してくれるかが問題なだけです。


僕の気持ちに応えてくれたら、
僕は幸せを掴める。



友達はね、
「お節介」をしてくれる時がある。

でも、
そのお節介が「余計なお世話」であることが多い。

悪気はないが、
余計なお世話になるケースが多い。


まだ、
友達関係だから、
「いえいえ、俺はあの子が好きなんだ!」
と言い返せると思います。


しかし、
立場上、言い返せない時もある。

言い返せなくて、
その人の勧めに応えてしまうのは嫌ですよね。


上手に、その強要を退けるには、
相手の強要を「否定」しないことなんです。


否定さえしなければ、
相手は、納得して強要しなくなります。


ある時、
Mさんと女性のタイプについて会話をしていた。
Mさんは職場の女性の中で、
Mさんのタイプの名前を挙げました。

僕も、職場の女性の中で、
僕のタイプの女性の名前を挙げました。



すると、Mさんが言いました。

「高瀬くん、
もう少し可愛い子を好きになったらどうなの?」

「あの人の方が良いんじゃないの?」



ええ!?(;゚Д゚)

僕はその言葉を聞いて驚きました。
よくもまあ、
僕の好きな人の事を、そんな風に言うなんて。


僕は反論ではなくて、
自分の気持ちを伝えました。

「僕は、あの人の全てが好きなんです。」

「性格も、容姿も、何もかもが、僕の好みなんです」と。



そして、付け加えて言いました。

「Mさんも、
Mさんの好みがあるように、僕にも好みがあります。」

「Mさんの好みではない人を、
誰かに勧められたら嫌ですよね?」

「僕には僕の好みがあって、
MさんにもMさんの好みがあると思います。」


「Mさんと、僕の好みの違いがあって良かったですね。」

「Mさんと、同じ好みだったら・・・
Mさんとは恋敵になっていたのですから。」




このような、言い回しで、
上手に強要や、
失礼な物の言い方に対しての対処ができました。



自分だけの意見を反論するのではなくて、

相手を巻き込んで、

相手が言い訳出来ないような状態を作る。




今回は、「恋愛」ということで例えてみましたが、
仕事上の事や、
私生活での事、
色んなシーンで強要されることがあるはず。

強要する人は、
その人の「主観」や「価値観」を押し付けてくる人も多い。


自尊心が高くて、
自分が、世の中の基準だと勘違いしている人も多い。



僕が今まで出会って来た、
そういう人達には、
「共通点」がありました。


強要する人の多くには、
ほぼ、
血液型が「●●●型の男性」が圧倒的でした。
というより、
その血液型の男性だけが
デリカシーの無い事を発していたように思う。



また、
そういう男性の、
普段の言動を見ていると、

「自己愛性人格障害」

の特徴が見られます。

言い換えると、
自己愛性人格障害があるから、
そういった、
デリカシーの無い発言、
自己中心的な言動をしてしまうのでしょう。


すぐに、
他人に強要したり、
他人にダメだしをしたり、



とにかく、
他人を否定する人の多くは、
自己愛性人格障害の特徴がある方でした。



自己愛性人格障害にも、
様々なタイプがあるようです。

自己愛性人格障害になる「原因」もあるようです。


そして、
自己愛性人格障害の方との、
「接し方」もあるようです。



もし、
身近に、
すぐに他人に強要する人がいたら、
すぐに他人を否定する人がいたら、


そういった心の病を疑ってみるのが良いと思います。


その人が、
何故?
否定的なのか?
デリカシーがないのか?



原因が解れば、
怒りが和らぎます。



そういう、心の病だと解れば、
そのデリカシーのない言動に、
同情心が芽生えるかも知れません。
心に余裕が生まれるかも知れません。




自己愛性人格障害というものもあり、
アスペルガー症候群というものもある。
サイコパスな人格を持った人もいて、
エンパス的な体質の人も。



僕は、自己分析すると、
そういった心の病で分類すると、
「境界性パーソナリティ障害」
というジャンルに属するかも知れません。


自分の状態を知り、
自分の状態に合わせた環境で生活すれば、
ストレスが軽減されるかも知れませんね。


そういった、
心の病を学んで、
改善策を模作し、
この世をストレスなく生きて行けたら幸いです。




IMG_8854.JPG





スポンサーリンク