人は「人からの影響」を受けやすい

僕の知り合いには、
「他人の文句」ばかり言う人がいる。

その人は、知人と喫茶店に行くことが多い。

喫茶店から帰って来ると、
知人の悪口が始まるのです。

言いたいことがあれば、
その場で、その人に直接言えば済むことです。

しかし、それが出来ないのです。
出来ないから、
「悪口」を言わないと気が済まないのです。


悪口を吐く人は、
悪口を吐いたことで、心がスッキリします。

それとは逆に、
悪口を聞かされた方はどうだろうか?


何だか、嫌な目に合った事を聞かされて、
嫌な気持ちを「共感」させられて、
心が乱れてしまいます。


悪口を言う人と、同じような心理状態になってしまう。

そうなると、
自分もまた、悪口を吐き出すために、
悪口を聴いてくれる人を探さないといけません。


そうやって、
負の力が連鎖していくのです。



最近は、
僕は悪口を言う人と距離を置いている。

その人が、悪口を言い始めたら、
僕は言います。

「そういう話は聞きたくない」


と、その人にハッキリ言います。


そうすると、
悪口を言う人は、
自分の悪口を聴いてくれる他の人を探します。


もうね、
そういった「負」を押し付けられるのはゴメンです。




人は、「親の背中を見て育つ」と言われます。

その親が、
ろくでもない親ですと、
子供が可愛そうですね。

ろくでもない親を、マネようとするのですから。


その逆も然り。

人間性の優れた親に育たられたら、
子供はどんなに素敵なことでしょうか。


人が、
人の影響を受けやすいのならば、
素敵な人の影響を受けた方が賢明ですよね。

自分の周りにいる人達を見てください。

「類は友を呼ぶ」です。


自分と同じような感性の持ち主が、
自分の友達だったりします。

その友達の言動をよくよく観察して下さい。


それが、普段の「自分の姿」でもありますから。


僕は、どんな方とも接します。

負の力を跳ね返す方法を知っているからです。

負には、負の「原因」がある。


そういった、
因果関係を調べて行くと、
問題の本質が見えてきます。

原因が解れば、答えも出るはずですから。


自分の友達を見て、
自分自身を客観的に見る。

たまには、
自分の友達を見て、
自己診断をしてみてはいかがでしょうか。


こういう事を書いている僕には、
親友が2人しかいません。(笑)


元妻と、京都にいる親友の佳代ちゃん。

僕、元妻、佳代ちゃんの3人ともO型です。
3人とも、かなり、毒舌です。(笑)


まさに、「類は友を呼ぶ」ですね。



この2人の親友は、
僕が何度も死に直面した時、
いつも必ず、僕のそばに居てくれました。

普段は疎遠ですが、
それぞれのピンチの時には、
連絡せずとも察してくれて、
力になってくれるのです。


そういう親友が、
2人もいて、
僕は恵まれていると思う。




IMG_5192.JPG





スポンサーリンク