壊れた灯台

僕は今、生きている。

「この世に生まれてきた目的や、
人生の意味、死後に向かう世界のこと」



僕は、僕の主観として、それらを仮定し・仮説を持っています。



他人にも、他人の主観での人生論があるでしょう。
他人の人生論を否定するつもりは、さらさらない。




だって、自分の人生論が正しいといえる証拠はありませんから。

また、他人も同じで、
その人が主張した人生論が、真実だという証拠なんて出せませんから。





自分の人生論を、「これが正論だ」と思い込んでいる人も多いです。
しかし、その思い込みには「証拠」があるのですか?
証拠を見せて、初めて正論だと誇示できるのではないでしょうか。

証拠もなくて、「これが人生論だ!」というのは、
それはただのエゴです。
自分の思い込みです。

そんなものを押し付けられては、迷惑です。



そんなことで、
僕は自分の人生論の仮説を持って生きています。

その仮説があるから、今があるのだと思っています。
僕の仮説を誰かに押し付けたりはしません。

僕の生き様を見て、共感されるならば、
共感なさって問題ないです。
ただ、自己責任でお願いしたいです。

僕には責任能力がありませんのでね。(笑)
勝手に僕の人生を真似て、問題が起きて、責任転嫁されたら困りますから。

マネするなら、自己責任でお願いします。



僕には人生の目的が定まっています。
その目的のために今、生きている。

いえ、生かされているようです。

大きな力によって、生かされているようです。


「生かされている」

と書くと、何だか手の平で泳がされている・・・
そんな悪いイメージに捉えがちですが、

「守られている」


というのが正解のようです。


僕は、

「大きな力によって守られている」

ということです。




そして、
僕の今の生き様が、大きな力の栄光の現れなのだと。

僕の姿から、
僕の生活から、
僕の言動から、

その大きな力が映し出されるようです。



おこがましい言い方ですが、
この世界では、ゴミのような存在の僕が、
そういった役割があるようです。

今、今日が、僕の証をする時です。
今、今日が、僕と言う人間の生き方を証する時です。



僕の生き方を証するのが、僕の人生の目的です。


ようやく、
自分の人生の目的が確立できてきました。


とにかく、
今を大切にしたいです。


明日と言う日が、
必ずやって来るとは限りませんからね。


今を大切にして、
今日、この世を去っても悔いが残らない、
そんな1日にしたいと思います。


明日と言う日が、明日、必ず訪れますか?

知っていますか?



僕には解りません。

だから、今、生きている間に、
僕の生き様を証して行きたいです。

それが僕の生きる目的ですから。


こうやって、記事を書くことが、僕の証です。

社会に出て、僕の姿を見てもらうのが証です。



僕が生きていること自体が、証です。



僕は、大きな力を反映させる鏡にすぎません。

ちっぽけな器です。

世間から見たら、壊れた灯台かも知れません。




でも、
僕を通して、その大きな力が、
壊れた僕という灯台に明かりを灯すのです。

暗闇の世界に、明かりを灯すのです。

その明かりによって、救われるのです。





そういった、働きをさせて頂けている。

それが、僕の人生の目的。




そして証していくことが僕の使命だと思います。




IMG_1305.JPG









スポンサーリンク