健康と食生活とミトコンドリア


~健康を意識する~


持病で通院生活を送っています。
病気になった「自堕落な生活」を反省し、健康的な生活を心がけています。


健康を考えた時、
・生活習慣
・食生活
・ストレス

この3つが、大きな影響を与えると思います。

どれも大切ですが、
その中でも「食生活」の改善に力を入れています。

持病があって、通院しているということもあり、
食生活の改善によって、健康を体験しています。

病気になってから、健康的な生活をしても手遅れですが、
これ以上、病気を増やさないために、
これ以上、病気で苦しい生活をしないためには、
食生活の改善は必要だと思います。



IMG_1447.JPG



健康な生活を送っていると、心に余裕が出来ます。
病院から処方される薬も無くなりました。

薬が減ると、副作用もなくなりましたし。
薬の副作用の幻覚を見たり幻聴を聞いたりしいると、
まともな生活が出来ませんでしたからね。
マイナス的な思考になっていましたし、
常に興奮状態にあったと思います。



健康を意識し、
食生活を改善することで、
病院から処方される薬が一切、なくなりました。
体調も、病気になる以前よりも良好な感じです。
心にも余裕が持てて、多くの趣味も持てました。
社会復帰に向けて努力も出来ています。

健康への「意識と実践」で結果が出たのです。
自信を持って言えます。


健康健康と言っていても、
実践しないと何の効果も意味もありません。
「カロリーを摂り過ぎないようにしないとな・・」
と口だけでは効果は得れません、実践しないとね。


IMG_8609.jpg



~ミトコンドリアって?~


食生活の改善で、
「食事をする時間帯」なども学びました。

人体には、理想的な生活リズムがあるようで、

・午前4時から午後12時までを「排泄の時間帯」と呼び、
・午後12じから午後8時までを「摂食の時間帯」と呼び、
・午後8時から午前4時までを「消化・吸収の時間帯」と呼ぶようです。


一般的には、「朝ご飯」は食べるのが普通でしたが、
この生活リズムに則って、僕は朝ごはんを食べません。

朝は、「排泄の時間帯」ですから。

朝、しっかり排泄を済まし、
午後12時から午後8時までの間に食事を済ませます。
午後8時以降、翌日の午後まで何も食べません。

人間は、食べるばかりが健康につながる訳ではないようです。
食べるというのは、
エネルギーを作るための「補給」なのです。

①食べ物を食べると、胃で消化され腸から栄養が吸収されます。
 腸から吸収された栄養素が全身の細胞へと送られます。

②細胞に届いた栄養素が、細胞の中にあるミトコンドリアへと運ばれます。
 ミトコンドリアが、酸素と栄養素を原料として、
 ATP(アデノシン三リン酸)というエネルギーを作るのです。

③このエネルギーを使って、
 傷付いた細胞を修復したり、新しい細胞を作ったりします。


加齢が進むと、
人体のミトコンドリアの数が減るそうです。
減ってしまうと、細胞がどんどんと弱って行きます。
エネルギーが作れないのですからね。


また、ミトコンドリアが減ってしまうと、
うまくエネルギーを変換出来なくて、
余分な栄養素は中性脂肪として蓄えられてしまい、
太ってしまうそうなのです。


中年太りというのは、いわば、
細胞内のミトコンドリアの数が減って、
エネルギーを完全燃焼できずに、
摂り過ぎた栄養素や中性脂肪を処理しきれない状態の事なのです。

ということは、
ミトコンドリアの数を増やせば、
エネルギーの変換が出来て、太らなくて済むわけです。


また、健康になるためには、
「しっかり栄養を摂らないとダメだ!」
と仰る方も多いでしょう。

しかし、
上記にも書きましたが、
食料は、エネルギーを作るための材料です。
たくさん摂ったからといって、健康になれる訳ではないです。



たくさん食べた食料を消化吸収し、細胞へと栄養素が運ばれます。
配達先のミトコンドリアが少なければ意味がないのです。
ミトコンドリアの数が少なければ、
運ばれた栄養素がオーバーフローします。
余計な栄養素は、中性脂肪として蓄えられてしまう。
ズバリ、太るのです。



中年になったら太るのではなくて、
中年になると、ミトコンドリアの数が減少するから、
栄養素をエネルギーに変換できなくて、太ってしまう訳です。


ということは、
食べて健康という前に、
「ミトコンドリア」を増やさないといけないのではないでしょうか?
しっかり栄養を細胞に送り込んでも、
ミトコンドリアが少なければ意味がないですからね。


IMG_8985.jpg




~ミトコンドリアの増やし方~

ミトコンドリアが、
健康への影響のカギを握っているかもしれないですね。

そのミトコンドリアは、
人間が飢餓状態になった時ほど、活発になるそうです。
食べる物がない時に、ミトコンドリアが危機感を感じて、
ATP(アデノシン三リン酸)を作り出すそうです。

断食が健康に良いというのは、そういう原理なのです。

食べるばかりが健康ではないというのは、
そういう事なのです。


ミトコンドリアの数を増やすには、
・腹八分目の食事や断食
・適度な運動(有酸素運動)
・食べ物

こういったことで、増やすことも可能だそうです。

次回、
ミトコンドリアを増やすための食生活について、
記事を書いてみたいと思います。

健康健康と一口に言っても、
こういった人体のメカニズムや原理を知らないと、
無駄な努力をする事になることも多いです。



食事をして、消化吸収するのには、
フルマラソン1回分のエネルギーを使うそうです。
食べることが健康ではありますが、
食べた物を消化吸収するのに、
それだけ内臓に負担をかけているという事も事実です。



朝ご飯を食べない理由は、
朝は「排泄の時間」です。
排泄の時間に、食べ物を食べてしまう事で、
余計なエネルギーを使う事になります。
そうすると、
しっかり排泄ができなくなるのです。

しっかり排泄されなければ、便秘になったりだとかで、
体のバランスが崩れます。

そういった理由で、僕は朝ごはんを食べません。
これは僕の主観であって、
推奨しているものではありません。
個々の体質もあるでしょうから。

もし、同じように朝ご飯を食べないようにしようと思われた方々は、
自己責任でお願いします。
僕は責任を負えませんので。


IMG_0815.jpg


~食生活のまとめとして~


◆生体リズムを知る。
・朝4時から昼12時まで「排泄の時間帯」
・昼12時から夜8時まで「摂食の時間帯」
・夜8時から朝4時まで「消化・吸収の時間帯」

◆ミトコンドリアのメカニズムを知る。
・断食がミトコンドリアを元気にさせる。
・適度な運動(有酸素運動)
・ミトコンドリアを増やす食事。

◆ミトコンドリアの数が減ると太る。
・中年になるほど、ミトコンドリアの数が減る。
・ミトコンドリアが減ると、中性脂肪が溜まってしまう。

◆食事を消化吸収するのにエネルギーが必要。
食事を消化吸収するのには、
フルマラソン1回分のエネルギーが必要だと言われている。



IMG_5440.JPG






スポンサーリンク