知識と経験を活かす

教科書に書かれている事を覚えることで、
知識は増します。

教科書を読まずに、
他人のやっている事を見て、
真似て、
実践して得る知識もある。

どちらも同じ知識ですが、
経験に勝る知識はない。


教科書に書いてあることを覚えても、
その「理屈」が解らなければ残念だ。

理屈を知るために、実践してみる。
実践すると経験したことが無いことを、
知ることも出来る。

経験したことで、
知識をより具体的に理解させてくれる。

山登りを経験したことがない人が、
登山のうんちくを、雑誌を見て覚えたとしても、

登山家が、語る言葉には勝てない。


医療のうんちくを垂れる人も多い。
健康についての、うんちくを垂れる人も多い。

でも、
そのうんちくは、教科書で学んだことだけならば、
説得力に欠けるだろう。
口先だけの知識を述べるだけで、
相手の心には響かないだろう。

だって、
自分自身の心に、響いていないのだから。

そういったことで、
知識を学ぶのも大切で、
実践して経験することで、
より具体的に学ぶことが出来ると思います。

知識を詰め込み過ぎると、
頭が重くなって、行動出来なくなります。

理屈っぽい人間になります。

その理屈が、理屈である間は良いですが、
屁理屈を言い出したらアウトですね。


理屈じゃなくて、実践して、結果を残す。

口だけじゃなくて、行動して結果を出す。

そういった記事を書いて行きたいと思う。

口だけじゃなくて、
知識をひけらかすだけの記事ではなくて、
体験して、自分の経験を記事にして行きたい。

頭でっかちな、
口だけの人間にはなりたくないものですね。






IMG_3180.JPG



スポンサーリンク


スローライフランキング

にほんブログ村