患者と医療従事者

僕は慢性腎不全で通院しています。

病院では、
医療従事者の方々には、大変、お世話になっています。
感謝しています。

僕が通う病院で、
医療に関しての問題は、何もありません。
各スタッフさんは、丁寧な仕事をされています。

医療、治療、仕事、
こういった面では、キッチリされているので、
患者としては、嬉しい限りです。



しかし、
度々、僕は医療従事者の方への不満を、
このブログに書きます。

僕のブログは、
その医療従事者の方も読まれていることでしょう。
僕がブログを書いている事をお伝えしていますし、
読んでもらって結構ですよと、お伝えしていますしね。

通院先の病院内で、
不満をお話ししますが、納得されないようなので、
このブログで細かく説明します。

それでも納得されないようですので、
こちらも、もう、何も言いませんし。


ただ、
治療に関してだとか、
医療に対しての事で、
不満があるのではなくて、
その方の「人間性の問題」の部分で、
僕は不満があるのです。



去年、一昨年の話ですが、
僕はある男性スタッフから「嫌われている」ようでした。

嫌われるような事をした覚えはありません。
色々考えていると、
男性スタッフが、僕を毛嫌いしている理由が見えてきました。


通院先の病院に、
素敵な看護師さんが居ました。
その看護師さんに好意を持ちました。

その「好意」が妬ましかったようです。

嫉妬だと思います。


僕が、
「あの看護師さん、素敵だな」
と思ったことを、嫉妬されていたのでした。



そういう、
医療や治療に関わらないところの、
人間性の部分で、
僕は怒っているのです。


医療従事者の方々も人間です。
患者の方々も人間です。

そういう感情をなくすことは出来ませんが、
時と場所と場合を、
TPOを考えて嫉妬しろと言いたいのです。

*自分自身にも、反省して言い聞かせています。

治療中に、
嫉妬されて、手荒いケアをされると、
こちらとしては気分が悪いです。

こちらが、
乱暴な発言をしたのであれば、
対抗するのも理解できますが。


僕が治療に行く。
あ、今日も素敵な看護師さんが出勤しているな。
見ているだけで癒されるな。

そう思っていると、
手荒い治療をされるのですから、
たまったもんじゃない。
ただでさえ、辛い通院生活を、
何とか誤魔化そうと、
楽しみを見つけているのに。


それで、嫉妬される。
そして、痛い思いをさせられる。

そのことを、
ブログで書いています。


そういう「本質がある上」で、
意見の相違があるようです。
僕と、僕が嫌いな医療従事者の間には。



簡単に言うと、
ヤキモチを焼かれて、
手荒い治療を受けていたのです。



ということで、

僕が病院へ通うときに、
私情を持ち込んで通院してしまうと、
医療従事者の方々に迷惑が掛ることもあると、
体験でも解りました。


患者から好意をよさられた、
医療従事者の方は、
さぞ、迷惑でしょうし。
仕事がやりずらくなる場合もあるでしょう。

だから僕は、
病院へ通う時に、
そういった感情を持ち込まないよう、
努力しています。


医療や治療面でも、
お任せするように努力しています。



透析患者としては、
そう簡単に、病院を転院することは出来ません。
手続きも必要ですからね。

死ぬまで通院生活を続けないといけない病気です。


病院内で問題があると、
一生、嫌な思いをする事になります。
嫌なところへ、通い続けることになります。



人間関係の折り合いをつけるためには、
病院には、
「私情を持ち込まない」
ことが大切なのかなって。


医療従事者も、患者も、
どちらも「治療に専念する!」ことが大切かなって。



お互い、気持ちよく生活をしたいですからね。


言い訳だけさせてください。

素敵な女性を見たら、
僕は、
素直に素敵だと感じてしまいます。
好意って、湧いて出てきます。

好意を持ってしまったら、
お仕事の邪魔になるな・・・
って思って、
好意を持たないように努力もしました。
迷惑が掛りますからね。

でもね、
湧いて出ちゃうね。
好意が。

抑えていても。

僕には新しい目標が出来ました。
今は、
それだけを見ています。

湧き出る思いにフタをするのではなくて、
目標を見ています。

目標を達成したときに、
全てのものが手に入ると思っています。

そういう目標があるんです。



目線を変えてやるだけで、
意識がそっちへ変わってくれます。

患者としての立場をわきまえて通院したいです。
自分の体をケアしに、病院へ行くのですからね。
自覚して通院したいです。

医療従事者の方々にもお願いしたい。
私情を持ち込まないで欲しい。
自分の感情を、
弱い患者にぶつけて、腹いせしないで欲しい。
お願いしたい。


老人は、
不満や文句があっても言えない。
会話のできない老人達も多い。

そういう、
もの言えぬ老人たちを、
自分の不満イライラのはけ口にしないで欲しい。

自分の自尊心を押し付けないで欲しい。


自分の考えを強要しないで欲しい。
強要するならば、
ちゃんと筋道をわきまえて、
根拠を示して欲しい。


自分の価値観を押し付けないで欲しい。



患者にも言える事です。
お互いが、
折り合いを付けないと、
気持ちよくなりませんからね。



気持ちよく通院したいし、
気持ちよく仕事をして欲しいですし。





IMG_2021.JPG








スポンサーリンク