鮭と玉ねぎのシチュー!

今日もシチューを作りました。
簡単に作れるし、美味しいですし、
これから作る機会が増えそうな料理の1つです。

僕は、慢性腎不全という病気です。
カリムウやリンといった成分を、
摂り過ぎると体に毒になります。

野菜や肉、魚にも、
そういった成分が多く含まれます。

そのため、
1度、湯がいて、
湯がいたお湯を捨てて、調理しています。

湯がくことで、
少しはカリウムやリンといった成分が、
流れ落ちてくれるようです。

他の栄養素も、
残念ですが、流れ落ちちゃいます。
それは仕方がありませんね。

カリウムやリンの少ない食品を、
上手に調理し、食べて行けたら幸いです。


シチューの作り方は簡単。
具材を切って、
湯がいて、
湯がいたお湯を捨てて、
ルーを入れ、
頃合いを見て牛乳を入れて5分ほど煮込む。


◆具材です。

IMG_1505.JPG



◆電気グリル鍋を買った事がきっかけで、
料理をするようになりました。

IMG_1501.JPG



◆鮭と玉ねぎだけのシチューです。

IMG_1503.JPG


IMG_1507.JPG



◆今日も真面目に、包丁で玉ねぎを切りました。

IMG_1514.JPG



◆玉ねぎを湯がいて、湯がいたお湯を捨てます。

IMG_1514.JPG


IMG_1521.JPG


IMG_1523.JPG


IMG_1526.JPG



◆続いて、鮭を湯がいて、湯がいたお湯を捨てます。

IMG_1529.JPG


IMG_1537.JPG


IMG_1543.JPG



◆この、湯がき汁の中に、
カリウムやリンが、たくさん含まれています。
鮭の塩分も、少しは抜け落ちたと思います。

IMG_1542.JPG



◆ラストスパートです。
ルーを入れて煮込みます。

IMG_1545.JPG



IMG_1546.JPG


IMG_1548.JPG


IMG_1550.JPG



◆煮込めたら、最後の仕上げに、
牛乳を入れて5分煮込んだら完成です。

IMG_1553.JPG



◆タッパに移して、熱が冷めたら冷凍庫へ入れます。

IMG_1555.JPG


IMG_1554.JPG



ちなみに僕は、
ベッドの上で、
うつ伏せの体制で、料理を作っています。
台所は、狭くて車イスでは入れません。
車イスに座っていると、
床ずれという病気を誘発するので、
用事がないかぎり、
車イスには、乗らないようにしています。

hyujdy (1).JPG



手先は器用なので、
ベッドの上で、
粘土細工をしたり、植物栽培もします。

13626344_270534069987713_3856509958757740144_n.jpg


13599942_270534073321046_5936074033673365459_n.jpg



今日の具材は、
冷凍庫に合った「鮭」を使いました。
家にあった玉ねぎも使いました。

玉ねぎは、血をサラサラにしてくれるようなので、
好んで食べています。
*いつも茹でこぼし必須です。

作りえ終えたシチューを、
タッパに入れ、熱が冷めたら冷凍します。

シチューの重さは、470グラムです。
パンを130グラム食べる想定です。

僕は、1日の食事の重さを決めていて、
1日600グラムを、食事の量としています。

多少、オーバーすることもありますが、
そのときは、前後で食べる量を加減します。

食べ過ぎた日は、
後日、断食するなり量を減らすように調整します。
食べすぎて、
そのまま、次の日も同じ量を食べてしまうと、
太ってしまって、
体重コントロールが狂っちゃうのです。
そういったことで調整します。







スポンサーリンク