どんな土器も。


IMG_0376.jpg




僕は粘土で作品を作る「造形師」だ。

先日、作った作品に、

「縄文式土器風・植木鉢」というのがある。

僕の作風は、常識に囚われないものだ。

植木鉢を、土器風に作っても良い訳だ。
言い換えれば、
縄文時代の人達が使っていた植木鉢が、
縄文式土器風なデザインであってもおかしくないのだ。

僕はイメージした。

縄文時代の人々が、植物を愛し、
植木鉢を作って育てている姿を。
形がどうであれ。


どんな土器も、どんな土器も、
僕に僕の作風があるように、
作りたい物を作りたいと、
言える気持ち、土器に託す。

どんな土器も、どんな土器も、
縄で形を作れば縄文式。
土器が陶器じゃないことを、僕は知ってるから。






槇原敬之 - どんなときも。
https://www.youtube.com/watch?v=b88pxLpMZKk










<スポンサーリンク>