謝る勇気

プライドの高い人は、
間違いを犯しても謝らない人が多く感じる。

自分の間違いを、正当化して、
あたかも正論のようにすり替える。

すり替えたものの、
それを指摘する強者によって、砕かれる。

砕かれてしまうと、尊厳を失うので、
更なる整頓を、御託を並べて、
見苦しい言い訳をする。

それにもまして、強者が、
コテンパンに論破しちゃう。

プライドの高い人ほど、恥をかく。


それならば、
早い段階で自分の非を認めて謝罪するほうが得策です。

それが「恥」と思うのかも知れませんが、
間違いを認め、
反省し、
謝罪する姿勢こそが、
相手に信頼感を与える忠義となるのです。

恥ずかしいことではなくて、
勇気のいる事です。
称賛されても良いくらいです。

それを、
自分の、
ちっぽけなプライドが邪魔をするのです。

謝るだなんて、そんな、
「恥をかきたくない」
と思っちゃうのです。

その、
恥をかきたくないと思う事で、
恥じの上塗りをしてしまうのです。


間違いだと感じたら、
素直に反省して、
「どうもすみませんでした」
と謝罪すれば、尾を引きません。

相手も、
「そこまで反省するなら」
と許してくれます。

逆に、
謝罪することで、
誠意を示すことになって、
信頼されることもあるのです。

自分の間違いを、間違いだと認め、
改心し、
向上心を持つのですから。

自分の失態を謝罪しないで、
恥じの上塗りをする人と、

自分の落度を反省し、
謝罪し、改善しようと努める人と、
どちらが良識人でしょうか?


間違いを、
間違いだと、
素直に認めることは難しいですが、
認めると、
後が楽です。

認めないから、
尾を引いて、いつまでも苦労するのです。





wwr.jpg




スポンサーリンク