わすれな草栽培日誌 103日目

おはようございます。
(。・ω・)ノ゙~♡

IMG_0412.JPG



今朝の奈良県は、少し肌寒かったです。
部屋の温度を見ると、17℃でした。
暖かい季節の植物達が、
元気を失うといけないので暖房を♪

IMG_0465.JPG



20℃辺りにしてあげると、
寒い季節の植物にも、
暖かい季節の植物にも、
両方に良い感じの温度になっているようです。

僕の部屋の中では、
ミニヒマワリミニトマト
それに、わすれな草など、
季節感を関係なく育てています。

理由は、
秋から春にかけて、
部屋の中に太陽光が入るからです。


春から夏にかけては、
部屋の中に太陽光が全く入りません。


そういった事情で、
秋から春にかけて、
太陽の日差しを受けれる時期に、
植物を育てているのです。(o^―^o)ニコ



そしていま、
季節外れなミニヒマワリが、
花を咲かせようとしています。

僕の部屋が、
「ビニールハウス」のような感じですね。


植物を育てていますが、
知識はありません。
率先して学ぼうとはしません。

解らなかったら、
解らない事だけ調べるといった感じです。

植物の種を買って、
植木鉢を買って、
土を買って、
種を蒔いて水を与える。


世話というと、
・太陽に当ててあげる。
・水を与えてあげる。
・温度を合わせてあげる。
・暖かい日は風に当ててあげる。


こんな感じです。


肥料などは一切、与えません。
植物が持つ、力に任せます。


植物を育てるのは素人ですが、
まず、
植物の育つ「仕組み」を学ぶには、
植物本来の力を観察することが大事だと思うのです。



種を蒔いて、
どのように芽を出して、
芽が、どうやって大きく育つのか?
花を咲かせて、そこから実が出来る。
実が出来て、種が出来る。



こういった、一連の流れを観察するのです。
観察して、
植物の育つ「仕組み」を覚えて初めて、
「肥料」を使います。



最初から肥料を使うと、
肥料の効果が解りません。
また、
肥料を与え過ぎる可能性もあるのです。


植物が育つ上で、
どうしても栄養が追い付かない時、
「肥料」を与えるのです。


オートバイでも同じで、
買ったノーマルのオートバイの性能を、
もうこれでもか!というくらい使い切って、
それで、性能が物足りなくなって初めて、
「改造」するのです。

改造する「意図」があるからです。

オートバイを運転する人にも、
いろいろなタイプの人がいます。
運転が下手な人に限って、
やたらと改造して、スピードが出るようにする。

僕は、そういう人に皮肉を言います。
「運転が下手だから、
改造しないと早い人に追いつけないのだろう。」
と。

ノーマルのオートバイの性能を、
フルに生かして、
それで物足りなければ改造する。

そうしないと、
そのオートバイ本来の性能を、
「見失ってしまう」のです。

また、自分のテクニックも育ちません。
そのオートバイの性能をフルに生かす、
そういうテクニックが身に付きませんから。

オートバイは、
ノーマルの状態がベストな状態です。
ベストな状態で売られています。


マフラーを変えて、良い音を出せますが、
マフラーを変えたら、
そのマフラーに合わせた、
「セッティング」をしないといけません。
マフラーを変えただけではダメで、
セッティングしないと効果が出ません。

ノーマル車は、
ノーマルの状態でフルに性能を発揮できるように、
セッティングされて売られているのです。



前置きが長くなりました。
m(*- -*)mス・スイマセーン

さて、わすれな草です。
今日も端折ります。

とても元気!

IMG_0418.JPG


IMG_0413.JPG


IMG_0415.JPG



他の子達です!


IMG_0462.JPG


IMG_0429.JPG



ミニヒマワリが咲きそうです。

IMG_0430.JPG



よく見たら、
小さなツボミが2つ、付いていました!

IMG_0436.JPG


IMG_0435.JPG



モニラリア・オブコニカです。

IMG_0439.JPG



芽キャベツです。

IMG_0440.JPG



パセリの芽が出てきました。

IMG_0441.JPG



ミニトマトです。
実が付いて来ました!

IMG_0455.JPG


IMG_0454.JPG


IMG_0452.JPG


IMG_0461.JPG



IMG_0464.JPG



IMG_0468.JPG



IMG_0469.JPG





スポンサーリンク


スローライフランキング
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村