友達が勧めてくれたYouTube動画

通院先のクリニックで、
初めての友達が出来ました。
僕より少し、年上の男性です。

普段、メールなどで世間話をしています。
その方のメールの文章には、
いつも「想い」が詰まっています。

それを読んで、
僕はいつも思うのです。

「この方は、文章を書く仕事をされたらいいのに!」
そう思うのです。
小説などを書くと、素晴らしい作品が書けるはずです。
小説家でいうと、
太宰治の「人間失格」などが、僕は共感できます。
僕の友達も、
たぶん、人間失格を読まれたら、
太宰治さんの気持ちが理解できるだろうと思います。
共感能力に長けた方だと思うのです。

また、コラムなども良いかと思います。

中年のオジサン2人で、
メールなんてしていて、
何だかレトロで妙な感じですが、
メールの距離感がまた、
いい味を出しているのかも知れません。

LINEとかだと、
距離が近すぎて、勿体ないです。

そんなことを言っている僕は、
文章を書くよりも、
話を、会話をする方が好きです。
言いたいことを、たくさん語れるからね。

友達と無料通話をする時は、
5時間くらい、平気で話をしていますし。

その友達が、
YouTube動画で、
とてもいい動画を教えてくれました。

泣ける動画です。

教えてもらった中の、
1つの作品は、前に見たことがありました。

タイという国の、
思いやりのある、優しい民族性に、
心が打たれました。

素敵な国ですね、タイは。(o^―^o)ニコ





世界中が泣いたタイの感動のCM3本





「パパは噓つき」







スポンサーリンク