心を軽くする

去年の今頃は、
睡眠導入剤や、睡眠薬を飲んでいました。

しかし、
今現在、睡眠薬も何も飲んでいません。
快適に寝れます。(o^―^o)ニコ

この1年ほどの間に、
「何があったのでしょうか?」

1年前の状態と、現在の状態を比較してみますね。
そうすれば、「ヒント」が見つかるはずです。


~1年前の状態です。~

・慢性腎不全で人工透析を受けている。
・入院し、床ずれの手術をしていた。
・肉体的にも、精神的にも疲れていた。
・不安が溜まっていた。
・太陽に当たることが全くなかった。



~現在の状態です。~
・慢性腎不全で人工透析を受けています。
・良い天気のときは、朝日を浴びている。
・人生の目標が出来た。
・食生活が変わった。


比べて見ても、
それほど大した変化がないように思えますが、
肉体的、精神的な疲れが無くなって、
不安が無くなって、
「ストレス」がなくなったのが良かった。

ストレスが無くなったお陰で、
気持ちが前向きになりましたから。

気持ちが前向きになると、
努力しようという気持ちが高まる。
自然と力が湧きました。

向上心が高まり、
睡眠薬に頼らず、自力で解消しよう!
そんな気持ちに変化しました。

ネットで調べました。

薬に頼らない方法で、
快眠できる方法を調べました。

調べて、
「実践」しました。


・朝日を浴びる。
・くるみを食べる。


僕が行きついたところが、
その2点でした。

朝日を浴びると、
皮膚でビタミンDを生成するそうです。
ビタミンDが、睡眠効果を高めてくれるそうです。

食べ物の中にも含まれていて、
「くるみ」にも、睡眠効果のある成分が豊富だそうです。
クルミには、睡眠ホルモンのメラトニンが含まれているそうです。

IMG_9846.JPG


IMG_9850.JPG



いきなり、
睡眠薬を断って、日光浴をし、くるみを食べた訳ではありません。
睡眠薬を断つのが不安でしたから。
睡眠薬の量を減らしたり、
緩い薬に変えたり、
飲んだり、飲まなかったりを試したり、
いろいろ努力しました。

そして、
「アルコール」に置き換えたりもしました。
お酒が入ると、眠りを誘ってくれましたから。

寝る前に、睡眠薬ではなくて、
お酒を飲むようにしたのでした。

眠りにつきやすいですが、
アルコールが分解されて、
夜中に目が覚めることが増えました。

でも、
睡眠薬を飲むよりは、少しでも眠れて、
薬の副作用に悩まされるよりはマシでした。

そして、
続けていろいろと試していた時に、
「くるみ」と「朝日」にたどりついたのです。

今の季節ですと、
太陽が傾いていて、
僕の部屋の奥まで、太陽光が入ってきます。

お陰で、「日焼け」しています。
昨日も、看護師さんの言われました。
「焼けた?」と。(笑)

IMG_9843.JPG



本当に、焼けているんです。(o^―^o)ニコ

その代り、
夏場は、太陽が真上にくるので、
部屋には、太陽光が全く入りません。

植物を栽培している僕にとって、
残念な季節になる。
育てられないから。(ノд-。)クスン


ということで、
睡眠障害を克服できたかな?と思っています。


こういった、
克服できる病気の治療法は、
薬を飲むだの、健康に良いものを食べるだの、
それは二の次だと思うのです。



一番、大切なのは、
患者の、
病気を患っているかたの、
「心を癒す」ことが先決だと思うのです。


心のケアをし、
心の疲れを取り除いて、
体を休ませてあげる時間を作る。

心が元気になれば、
意欲が湧きます。
意欲が湧けば行動出来ます。

行動すれば、結果が伴います。
努力すれば、その努力に応じた結果がでるはず。

結果が出て、嬉しかったら、
それが励みになって、
より努力できます。

弱った人に、
勇気づける言葉を「投げつける」のではなくて、
弱った人の重荷を、
少し背負ってあげる優しさ、そんなのもあって良いかなって。



言葉をかけるのは簡単。



簡単に言葉を掛けてしまうと、
それが返って、その人の逆鱗に触れることもある。

「他人事のように言うな!」とね。




心を閉ざしている人には、
僕は何も言いません。

相手にされたくないから、
話しかけられたくないから、
心を閉ざしているのですから。



僕は、
心を閉ざしている人が居たなら、
話しかけません。



ただ、
横に、
近くに居てあげるだけ。

同じ目線に立って、
少しでも、共感してあげたいと思っている。




IMG_5192.JPG

スポンサーリンク


スローライフランキング

にほんブログ村