体重管理!

IMG_5192.JPG



昨日と今日、大便が出ました。
やっと便秘が終わったと思いきや、
今度は下痢です。

下痢の原因は、「ストレス」です。
ストレスが溜まる原因も解っています。

2月になれば、ストレスも和らぎます。
今月は厳しいです。
何かと精神的に疲れます。


便秘をしている間、
お腹に溜まっている大便の重さを把握しながら、
食べる量を調整し、ドライウェイトを超えないようにしていました。



溜まった大便の重さが500gと推定していて、
昨日と今日、出た大便の重さが490gでした。
ほぼ正解でした。



体重計に乗れない体ですので、
こういった体重調整が難しいですが、
毎日、食べた物の重さを計っていますし、
大便や小便の重さも計ります。
差し引きすれば体重が出ます。

eee.jpg



そこへ、不感蒸泄という、
汗や呼吸から出て行く水分量を差し引きます。
個人差もあるでしょうし、季節も関係します。
僕の、今の季節で不感蒸泄が300g~500gといったところです。

2twe.jpg




前回の通院日の体重が46.4キロでした。
今日の予想体重は、計算上、45.9キロです。

ドライウェイトが47キロです。
ドライウェイトよりも、マイナス1キロです。
嬉しい限りです。
1キロ分、気兼ねなしに食べれるのですから♪

食べたい物がある時は、
体重を落としてから食べます。


食べてから、体重を落とすのは苦しいですから。(笑)


僕は人工透析を受けています。
まだ、オシッコが出ます。

人工透析で、機械で体内の水分を「除水」してしまうと、
残された腎臓機能が低下してしまいます。
使い物にならなくなったら、困りますので。



そういった事情があって、
僕は除水をしないのです。
こういう説明をしても、理解できないスタッフもいるようですが。



ドライウェイトの47キロギリギリの体重をキープすれば、
問題がないと思います。
現に、今、なんの問題もありません。

病院から処方される飲み薬は一切ありません。
血圧を下げたり上げたりする薬も必要ないです。
リンを吸着するだのって薬も必要ないです。

薬を飲むと、やはり「副作用」が出ます。
幻覚を見たり、幻聴を聴いたり、
頭がぼーっとしたり、異常に興奮状態になったり、
普段からイライラしたりします。



だから、薬も飲みませんし、
飲まなくて良い、食生活をしていますし。

そらリンが高い!
薬を飲みましょう!


そうやって、薬で解決しているようでは、
薬の量は増えるばかりでしょう。

「リンが高い原因ってなんですか?」

そういう物を食べ過ぎるからでしょ?

減らせばどう?って話です。

激しい運動をすると、クレアチニンが高くなったりするので、
透析患者は、激しい運動はしません。
普通の人よりは、エネルギーの消耗が比較的に少ないはず。
少なければ、エネルギーを摂る量も少なくていい。

それを、摂り過ぎるから、カロリーオーバーになる。
人工透析で栄養分も抜かれるから・・・
ってのは言い訳で、食べたいのですよ。
僕がそういうことを言っていた時期がありましたので。

理由を付けて、食いたいのですよ。

でも、食っちゃうと、カリウムもリンもあがる。
食べる量を抑えるのは苦難でした。
でも、
毎日、少しずつ、量を減らして、
自分の身体に合った量の食事を摂るようにすれば、
薬の量も減るでしょう。
体調も、ウソのように軽くなるでしょう。

「食べるのが健康!」
ではないと思います。

食べた物を「消化吸収」するのには、
フルマラソン1回分のエネルギーを消耗するといいます。
食べたら疲れるのは、そういった理由があるからです。


現代の食物事情でいうならば、
腹6分目の食事で十分、必要な栄養を補給できるんじゃないでしょうか?

僕は健康のために、デドックス効果を期待して、
「断食」もします。

去年の9月には、5日間の断食をしました。

5日間の断食 ~血液検査の結果~
http://blog.livedoor.jp/hope51-takase1970/archives/cat_114924.html



人工透析を受けながらです。

血液検査も実費でして頂いた。

断食5日目に、血液検査をして頂いて、
色々と発見がありました。

断食しているにもかかわらず、
「アルブミン」の数値が良くなりました。
食べていないのに。

人間の体は、
35兆個~60兆個という細胞で成り立っています。
細胞の中に「ミトコンドリア」が存在します。

断食や、食料を食べることが出来ない時、
ミトコンドリアが「危機感」を感じると、
身体を元気にしようと働くそうです。

断食しても、健康効果があるのは、
そういった理由が関係するのでしょうかね。

人間の体は、飢餓状態には耐えれるように作られていて、
栄養を貯蓄したりするような構造にはなっていないそうです。


僕は偏屈な人間なので、
人が言っている事を鵜呑みにすることもありますが、
あんまり人の言う事を聞かないみたいです。

自分でやってみて、体験して、納得しないと気が済まないみたいです。

医者が言う事が正しいかも知れませんが、
アホな医者もいます。
金儲けだけしか考えていない医者もいます。

今はネットを繋げれば、色んな情報が手に取るように解ります。

知識を吸収して、自分で実践して体験するのが、
正しい答えに繋がると思います。



何事も、
いきなり大きな事は出来ません。

小さなことの積み重ねだと思います。

小さなことを、毎日、続ける事。

それがやがて、大きな成果になって、自分が得します。






スポンサーリンク