病気の原因

若い頃、オートバイに夢中になっていました。
家賃が14,000円のアパートで、1人暮らしをしていて、
賃料15,000円の屋根付きガレージを借りていました。

弁慶荘.jpg



仕事で稼いだお金のほとんどは、オートバイに消えました。
オートバイだけが、僕の生き甲斐でしたから。

給料を貰ったら、まず、オイル交換です。
オイルが汚れていなくても、
毎月、給料を頂いた週に交換していました。

タイヤは、2か月に1度は交換していたかな。
峠に走りに行っていましたので、消耗が激しかったのです。

仕事の昼休みに洗車をしたり。
エンジン回りを鏡面磨きしたり。

faz.jpg



乗っていたオートバイが、故障することは1度もありませんでした。
毎日、ケアしていたからです。

言い換えたら、
毎日、ケアさえしていれば、故障するリスクが少なくなるんです。
ケアすることで、早期に異常を発見できますしね。


しかし、
オートバイは熱心にケアしていたのですが、
自分の身体は、疎か(おろそか)にしていました。

今思えば、自分の身体も、
オートバイのようにケアしてあげていたら・・・
嘆くばかりです。


人間の体は、
「肉体」と「霊:れい」で構成されているようです。
霊が肉体を操作し、この世界で生活をします。



霊が元気が無かったら、
食欲も落ちて、肉体に栄養が回らない。
栄養が足りなければ、免疫力も落ちて病気になりやすい。

霊が心を塞ぎ込んでいると、
生活習慣が乱れて、思わぬ病気を招いてしまいます。
僕がそうでしたので。

「病は気から」とはよく言ったもので、
霊と肉体は連結していますよね。

霊は、「肉体を操作してこの世で生活している。」

そういう風に解釈すれば、もっと、身体を労われるのかなって。


その為には、
心を豊かにするのが1番の近道かなと思います。

心を豊かにする方法は、
「素直になること」
だと思っています。


自分に素直になると、心が豊かになります。
僕は、そう思っています。


自分に優しく、
自分がしたいと思っている事を、素直に認めてあげる。

嫌な事は我慢せず、嫌だと素直に言う。

嬉しいことがあったら、照れ隠ししないで、素直に喜ぶ。

欲しかったら、やせ我慢しないで欲しいと素直に言う。


物事の「原理」や「因果関係」を理解して、
気付いたら始める習慣を持ちたいです。



IMG_5192.JPG






<スポンサーリンク>