不眠解消のツボ 「神門:しんもん」

不眠解消のツボです。
「神門:しんもん」と呼びます。
手首のシワの部分にあります。
写真の赤い点の部分です。

IMG_6246.JPG



この部分を、親指で押し揉むと良いそうです。

IMG_6250.JPG



また、こいうったボールをコロコロ転がすのも良いと思います。
夜は、布団に入ってから、ツボを押しながら眠りを誘っています。
しっかり寝たいので、「神門:しんもん」を5分~10分ほど押し揉みします。

IMG_6256.JPG


IMG_6258.JPG



僕は長年、不眠症で困っていました。
いつも睡眠不足で、日中はグダグダな生活が多かったです。

なかなか寝付けないので、
「マイスリー」という睡眠導入剤を飲んでいたこともありました。
しかし、そういった薬には「副作用」もありました。

どうにかして、不眠を解消できないものか?と考えました。

規則正しい生活と、食生活を目指してみました。
寝付きを良くするためにも、
「くるみ」を1日に10gほど食べたり、
朝陽をたくさん浴びて、皮膚でビタミンDを生成しました。
ビタミンDなどの働きで、寝つきが良くなったりするようです。

そして、寝る前に手のツボを押して眠りを誘います。

また、夕食は夜8時までに済ませます。
それ以降は食べません。
遅い時間に食べてしまうと、それで寝つきが悪くなる場合もありますので。



余談ですが、
夜中までお酒を飲んでいると、お腹が空きます。
しかし、
お腹が空くのではなくて、
胃が、「お腹が空いたと勘違い」するようなのです。
胃が酔っぱらってしまったみたいです。

酔っぱらって、糖分が欲しくなるようです。
そういったことで、〆のラーメンが食べたくなるようです。

もし、酔ってお腹が空いて来たら、
試しにアメを舐めてみてください。
お腹が空いた感覚がまぎれるようですので。

夜中の食事は、しない方が良いと思いますので。




【手のツボを押すときの注意点】

■アルコールを飲んだ後のツボ押しは禁止です。
■骨折や捻挫をしたときのツボ押しは禁止です。
■心臓や内臓が弱っている方、妊婦の方はツボ押しは禁止です。
■インフルエンザで高熱が出ている時はツボ押しは禁止です。


禁止事項を守って、事故の無いようにしたいですね。


【ツボの押し方】

ツボの押し方には色々あるようです。
「痛い」と思うところを「親指」で、
「痛いけど気持ちいい」くらいの力で押すと良いそうです。

手順としては、

ゆっくり息を吐きながら、指を使って腕全体で押すようにします。
「1・2.3」まで数えて、
息を吸いながら、力を緩めていきます。


これを何度か繰り返すと良いそうです。

ツボを押すのには、時間帯などはないそうで、
仕事の合間にだとか、勉強の合間、いつ押しても構わないそうです。

寝る前に、布団の中でツボを押すのも効果的だそうです。

また、マッサージボールなどを揉むのも効果的だそうです。

スポンサーリンク


スローライフランキング
にほんブログ村 病気ブログ 人工透析へ
にほんブログ村