つらい季節

IMG_2507.JPG




~小説家になろう~ エッセイ

つらい季節

作者:高瀬浩司



つらい季節が到来しました。

「何が辛い?」かというと、
「カゼのウイルスをまき散らされる」ことが辛いんです。

僕は家族と同居しています。
僕自身は、外出するときは、年中マスクを着用します。
帰宅後は消毒液で手洗いをします。
徹底します。

というのも、
カゼを引いたり、病気を貰ってしまうと、
下痢になりやすいからです。
下痢になってしまうと、大変な事になります。

僕は脊髄損傷もあり、両足がなくて、普通の便座には座れません。
大便をする時はベッドの上で摘便をします。
「摘便」というのは、
大便したいという感覚もありませんので、
ゴム手袋をはめて、肛門に指を入れて、
大便をかきだすんです。

そんな事情もあって、カゼや病気を移されると困ります。
そういったことで、年中、予防をしています。

こちらは予防をしていても、
家族は、そんな僕にお構いなしです。

弟と妹は毎年カゼを引いている。
カゼを引いていても、マスクも付けずにウイルスをまき散らす。
予防すらしません。
毎年、カゼを引いては熱を出し、鼻水を出し、鼻声になって、
しんどい思いをしている。

何でしょうか、
「他人にカゼを移したら迷惑が掛る」
という意識が全くないようです。

あまりにも無神経なので、妹に言いました。
「マスクつけてくれよ!」
「カゼを移されたら困るから!」
そう言うと、妹が答えた。
「頑張ってつけてみるわ」
マスクを付けると、息がしにくくて苦手みたいです。

それなら、カゼを引かない予防をしろよ?
毎年、カゼを引いては、家族に移しまくってさ?

弟や妹に、そう言いたい。
毎年、カゼのウイルスをまき散らされる、
コチラの身になってみろよ?と。

でもね、
こういった「咳エチケット」が出来ない人には共通点があるようです。

「共感応力」が無い人に多いようです。

他人が、不快に思うことをイメージ出来ない。
他人の立場に立って、物事を考えたり出来ない。

そういった原因があるようです。

確かに、
妹に関しては、当てはまる。
O型の妹は「かなり時間にルーズ」です。
待ち合わせ時間を過ぎて、人を何分も待たせても平気な顔をしている。
僕も用事を頼むこともあって、
何十分も待たされることが多々あった。
僕が待っていて、困っているってことを想像できないみたい。

僕は反対に、
「共感能力が高い」ようで、エンパスの部類に入るようです。

人の気持ちが解るというか、
あの人、今、こんなことを考えているんだな?
なんて事が想像できたりするんです。

また、仕事柄、セールスマンをしていたこともあって、
相手の立場に立って物事を考えることを教えられました。
そんなこともあって、
他人の気持ちを考えないで、マスクも付けずに咳をまき散らす人を見ると、
イライラしてしまいます。

マスクをしないで、咳をまき散らす人は、
回りに咳をまき散らす人がいても「平気」みたいです。

自分が何日も風呂に入らず臭くても平気なうように、
近くに臭い人が居ても平気なようです。

そういう人に、
「〇〇しなさいよ!」
というのは無理なようです。

自分とその人の「価値観」も違うだろうし、
それがその人の「普通の暮らし」なのですから。

ということは、
相手を変えるのは不可能だとしたら、
こちらが対策しないといけない。
それがまたイライラするんですよね。

「何で被害者である側の人間が対策しないとダメなの?」って。
「そんな不合理なことがあっていいの?」って。

僕の身内と同じように、この世には、
カゼを引いては、マスクも付けないで咳をまき散らす人もいるだろう。

現在、カゼを引いている妹が家に居るときは、
僕はマスクを着用します。
共感能力のない人に、共感してもらう事は無理だから。

相手が、共感能力が無い人だと理解して、
上手に接する方法を見つけた方が賢い。
イライラしない方法を考えた方がストレスにならない。

あの犬はワンと吠えるように、
あの人は共感能力が薄いんだと理解すれば納得できる。

犬は、ワンとしか吠えれないのだから。


僕は、相手の立場に立って、物事を考えるようにしたいタイプ。
他人の立場に立って考えようとしないタイプの人もいるだろう。

いろんなタイプの人が居て当然だと思う。
自分と相手を「比べてしまう」と、そこで感情が高まってしまう。

「俺はエチケットを守っているのにアイツはどうだ?」
って、腹が立ってしまう。

そんな時、僕はこう思うようにしている。
因果関係ってあると思う。

「あんな事していたら、きっと、自分に返って来るさ」

そう思っていると気持ちも紛れます。

悪いことをすると、悪いことが返ってきますから。

カゼを引いて、咳をまき散らす人も、
ちゃんと悪い事が自分に返ってきています。

「あいつはカゼをひいているのに、エチケットもわきまえないヤツだ」
と、すでにレッテルを貼られているんですから。





<スポンサーリンク>



スポンサーリンク