所有者

IMG_0384.JPG





~小説家になろう~ https://ncode.syosetu.com/n8140ej/



所有者

作者:高瀬浩司


世の中には、魅力を感じる人もいます。

また、その逆も然り、
何の魅力も感じない人もいます。

あるサイトの記事に、
「8対2の法則」
というものが紹介されていました。

競馬を例えにしていうと、
全体の8割の人が負けて、
全体の2割の人が勝つ。
そういった、「8対2の法則」でこの世は成り立っているのだとか。

色んな場面に「8対2」を照らせ合わせると、
本当にそうだよね・・・と思うようなときもあります。

その法則でいうと、
僕が感じる魅力のある人というのは、
魅力のない人が8割いて、
魅力のある人が2割いる。
こういったことになるのかな。

この世に、
魅力のある女性はたくさんいます。
魅力があるからといっても、
魅力のある女性を、全て、好きになる訳ではないです。
*中にはそんな男性もいますが。(笑)

生き物は、
植物も動物も、「種を残す」ために、
より強いものを選ぶものです。
ライオンのメスは強いオスを求めます。
そうやって、生命は子孫を繁栄させるシステム(本能)があります。

人が人を好きになる理由の1つにも、
そういった生命のシステムの働きによって、
相手を選んでいるのでしょうね。

日常生活で、
自分の見渡せる範囲の中で、
自分に1番相応しい相手を探す。
これが恋愛なのだと言う学者さんもおられる。

人には「主観」があって、
育った環境も違うし、性格も違います。
当然、好みだって違います。
犬が好きな人もいれば、猫が好きな人もいる。
三角な顔が好きな人もいれば、四角い顔が好きな人もいる。

僕にとっての魅力と、
他の人が感じる魅力とは、違いがあって何の不思議もないのです。

他の人は、あの人を見ても魅力を感じないですが、
僕は、あの人を見たら魅力を感じるのです。


恋愛経験の少ない男性が、
「オレって女性にはモテないよな・・・」
なんて嘆いている方も多いようですが、
モテないのではなくて、気付いていないだけかも。

「あなたの事を好きな人もいる」
って言う事に気付いていないだけ。

そう思うと、楽になるんじゃないですか?

あなたが好きになった女性は、
芸能人の〇〇に似た人が好みだっただけで、
ちょっと残念だっただけの事です。

逆に、
芸能人の〇〇に似た男性が好きな女性いたとする。
芸能人の〇〇に似たあなたが、その女性からモテたでしょうね。

簡単な方法ですが、
自分を恋い慕ってくれる女性の中から、
自分にとって1番の人を選ぶと良いのではないでしょうか。

無理に恋して、
恋を成就させて、
恋愛し、
愛を育み、
結婚して・・・・
そういう道も、選択肢もありますが、

相手からの好意を待つという、そういった選択肢もあります。
自分に相応しい相手が現れるまで、自分を磨く。

いえ、
自分を磨いていれば、
磨きのかかった自分に目を止めてくれる人が出てきます。
くすぶっていたら、見えません。
輝いていたら、目立ちます。
それだけの事。


でもね、
不思議なことがあってね、
魅力のある人もいて、魅力のない人もいる。
それとは別に、
「惹かれる人」がいます。

魅力があるから惹かれるといったことではなくて、
「なんだか気になって仕方がない」
というものです。

恋愛感情もない。
とりあわけ、親しい訳でもない。
友達でもない。
話しかけられるわけでもない。
どう説明したらいいのか解らないけど、気になる存在。

例えが変ですが、
街を歩いていて、可愛いトイプードルがいます。
雑種の可愛い子犬も居ます。
可愛いワンちゃんが大通りにたくさんいます。
みんな、楽しそうにしています。

ふっと、脇道の路地を見ると、
ポツンと、1匹の犬が寂しそうに座っている。

僕は、大通りのワンちゃん達よりも、
この路地裏のワンちゃんが気になるんです。

路地裏のワンちゃんの容姿が可愛くても可愛くなくても、
容姿は関係ないです。

自分も大通りに出て行けば、楽しめるのに?
何で路地裏にいるの?
なにかあったの?

そんな風なところに惹かれるんです。
お節介といえばお節介かも知れませんが、
僕自身が、路地裏のワンちゃんと同じようなタイプなのでしょね。

僕自身が、大通りで楽しむような人ではないから。
僕自身が、路地裏で座るようなタイプなんです。
だから、気になるのでしょうね。

同じような性分の相手に、惹かれるのでしょうね。
そこには、
「分かち合いたい」
という僕の心理的なものがあると思う。

「この子となら、気持ちを分かち合えるだろう」
という心理。

ということで、
僕は女性を好きになるときも同じで、
男性から「もてはやされている」ような女性には魅力を感じず、
「惹かれる」女性を好きになるようです。
容姿は関係なく、
ただ、「惹かれる」女性を好きになります。

人間は、
「肉体」と「霊」で構成されていると思います。
肉体の運動が止まった時、心臓が止まって死にます。
死にますが、「霊」は霊の世界に戻ると思っています。

肉体には色んな形があります。
例えで言うなら肉体は「自動車」のようなもの。
スポーツカーもあれば、軽トラックもある。
色んな車種があります。

選ぶ人の好みも千差万別。
軽トラを愛する人もいれば、
バキュームカーを愛する人もいる。
スポーツカーにしか乗らない人もいる。

それと同じで、
人間の体も色々形があって、好みもあるだろう。
好みの違いがあって当然でしょう。
自分が自分の体を気に食わなくても、
他の人が、自分を気に入ってくれている場合も多い。

それなら、気に入ってくれる人を好きになればいいじゃん。
その人は、きっと誰よりもあなたを大事にしてくれるさ。

自分の「肉体」を動かすのは「霊」です。
自動車を「運転」するのは「人間」です。

交通ルールを無視して、モラルのない運転をする人もいる。
人情を無視して、非道徳な生き方をする人もいる。

その肉体が悪いわけではない。
その自動車が悪いわけではない。

持ち主が悪いのです。

人は霊で肉体を動かす。

霊を、素敵な霊にすれば、
素敵な出来事が増えると思います。

素敵な霊にするために、
僕は他人の主観を重んじるようにしています。

人には人のやり方がある。
主観があるのだと。

だから、
他人に強要することを止めるようにしています。

また、他人の意見を尊重し、否定しないようにしています。

他人が、「〇〇なんです!」と言ったなら、
「そうですね」と答えたい。
相手の言葉を受け入れてあげたい。
そして、もし、間違いがあるならば、
「ここは、こうすると、もっと上手く行くかも知れないね」
とアドバイスをしたいです。







<スポンサーリンク>




スポンサーリンク