僕は思い込みの激しい人間だ




僕は思い込みの激しい人間だ

作者:高瀬浩司




「思い込み」という言葉があります。
僕にも当てはまるのです。

思い込みの激しい人間を見ると、とてもイライラします。
というのは、
「自分こそ、思い込みの激しい人間」だからなのです。


ライバルというのは、自分と同じようなレベルの人です。
自分と似たような状況だからこそ、ライバル心を燃やします。

でも、
自分よりも遥か力の及ばない人を見ると、
ライバル心なんて沸きませんよね。

そういう事で、
僕こそが、思い込みの激しい人間で、
僕に似たようなタイプの人間を見た時に、イライラするのでしょうね。


そういった事が、目に見えて解った出来事がありました。

ここ2日ほどで、ミニヒマワリが枯れてしまいました。
その理由は、「僕の思い込み」でした。

ミニヒマワリに、太陽光を浴びさせてあげると元気になる!
そういった、浅はかな知識と思い込みがあったのです。

太陽光をたっぷり与えたことで、葉焼けして枯れたのです。

ほんと、バカでした。
知識もないのにね。

3か月ほど育ててきたミニヒマワリが、
2日で枯れちゃうのですから。


ミニヒマワリに、愛情や思いやりやを掛けていなかったのではない。

「愛情を込めて育ててやれば答えてくれる!」

そういう、傲慢な「思い込み」があったのでした。

「俺が、これだけ愛情を注げば育つんだ!」

そんな思い込み、傲慢さがあったのでした。

そんな醜い心があった。
それを、知らせてくれた。

ミニヒマワリには、申し訳ないことをした。
そして、大切な事を気付かせてくれた。

ありがとう。
ミニヒマワリ。




IMG_7615.JPG






スポンサーリンク


スローライフランキング

にほんブログ村