ベランダ菜園日誌


おはようございます。(。・ω・)ノ゙~♡

今朝の奈良県は良い天気です。
部屋の気温が、午前9時28℃です。
今日は日曜日ということで、普段より遅い朝です。

昨日は通院日で、病院から帰ってきてすぐ、
買い物に出掛け、食べたい物を大量買って来ました。
たらふく食って、お酒を飲んだら寝てしまいました。
14時間も寝ました。(*´∀`)

IMG_6746.JPG


ちょっとしたストレスもありましたし、
たくさん寝たおかげで、何だか体も楽になりました。
普段からしっかり寝ないとダメですね。

さてベランダです。
この時期になると、太陽がどんどん傾いて、
僕の部屋にまで日光が入ってきます。
嬉しい事です。

太陽の光を受けて、枝豆3号がどんどん実を大きくしています。
それを、網戸越しに虎視眈々と見ています。(笑)

IMG_6752.JPG


IMG_6748.JPG


まだ少し、大きくなりかけの枝豆があるので、
早く食べたいところを我慢し、収穫を待ちます。
今月末で、いよいよ収穫です。(o^―^o)ニコ

IMG_6754.JPG


そして、部屋の中の植物達にも変化が出始めました。
変化が出た「原因」「日光」です。

一応、僕の部屋は南向きにあります。
直射日光こそ入って来ませんでしたが、
この時期、冬場になってくると、太陽が傾いて直射日光が入ってきます。
太陽が傾くと言っても、太陽が経営難とかではないです。(笑)

夏ごろから育てているミニヒマワリに、花が付きそうです。
ほんのり、綿毛?のようなものが出始めています。
雌蕊(めしべ)と雄蕊(おしべ)?かなと思うのですが。

IMG_6785.JPG


IMG_6786.JPG
IMG_6787.JPG


ミニヒマワリは、太陽の方を向くようで、とても可愛いです。
写真を見ると、窓の向こうの太陽光を受けやすく、
自身の茎を傾けています。
その辺りが、可愛くてね。(((uдu*)ゥンゥン

IMG_6782.JPG


あと、他の植物達も、すこし葉が大きくなってきました。
太陽光のお陰です。(o^―^o)ニコ

こちらはミニトマトです。

IMG_6791.JPG


こちらはブロッコリースプラウトです。

IMG_6790.JPG


こちらは、エケベリアです。
挿し木?株分け?をしました。

IMG_6789.JPG
IMG_6788.JPG




植物を育てるのが「下手」なんです。
という方もよく聞きますが、
下手ではなくて、「知識」が少ないだけです。
また、いくら知識があっても、
「太陽光」が入らない部屋ですと、植物は育ちません。

僕の部屋では、冬場が、植物を育てる絶好の機会です。
太陽光が入ってくれる季節ですから。
寒さに弱い植物もいますので、温度調整は必要になります。

また、水やりですが、
僕は霧吹きを使っています。
普通にペットボトルなどで水を与えると、
植木鉢の土が流れたり崩れたりするからです。

霧吹きを何度もかけて、水を上からどんどん、
浸透させていく感じです。
雨が降って、雨水がしみ込んでいくような感じです。

IMG_6773.JPG


よく、サイトなどで「たっぷり水を与える」と表現されているけど、
「たっぷり」ってどれくらい?と思うでしょう。
たっぷりとは、受け皿に水が出てくるくらいの量を言います。
*受け皿に溜まった水は、捨ててくださいね。
 根が腐っちゃう原因になりますので。

IMG_6777.JPG


あと、植木鉢を持ち上げてください。
植木鉢の「重さ」を覚えて欲しいのです。
水を与える前と、与えた後では重さが変わりますので。
植木鉢を持ち上げると、どれくらい土が乾いているか?
解るようになりますので。
寿司職人が、シャリの重さを手の感触で覚えるのと同じ理屈です。(笑)

IMG_6792.JPG


最後のポイントは、「葉水:はみず」です。
葉に水をかけてやることで害虫予防にもなります。
こまめな葉水も大切です。

IMG_6783.JPG


IMG_6784.JPG


植物を育てるのに大切な事は、
「太陽光」と「水」と「土」です。

僕は、基本的にこの3つです。
肥料は、買ってもまでは与えません。
必要な時は与えるつもりです。

人間が、植物に対して肥料を与えなくても、
植物は自身で育ちますから。

人間が、植木鉢に植物を閉じ込めて、
自然界から隔離したのなら、人間がちゃんと責任をもって、
自然環境に近い状態にしないといけないと思う。

そうでないと植物達も迷惑するだろうから。

植物達と、上手に共存したいです。(o^―^o)ニコ


IMG_6793.JPG
IMG_6796.JPG

IMG_6797.JPG



<スポンサーリンク>





スポンサーリンク