ベランダ菜園日誌


おはようございます。(。・ω・)ノ゙~♡

今朝の奈良県は曇り空。
しして寒いです。
気温は23.1℃です。

昨日は、朝は涼しかったのに、昼間は暑かったです。
これだけ朝が寒くなって来たら、カゼを引かないようにしないとね!
皆さん、気を付けてくださいね。(*´Д`*)

今朝のベランダと部屋の植物達です。

IMG_6642.JPG



右側の枝豆1号と2号には、水を与えていません。
実を枯れさせて、種にしています。

IMG_6644.JPG


IMG_6645.JPG


こちらは枝豆3号です。
霧吹きで水を掛けたばかりなので水滴がついています。

IMG_6647.JPG


部屋の中の植物達にも水を与えます。

IMG_6649.JPG


昨日、種を植えた「わすれな草」です。
まだ芽が出ません。(笑)

IMG_6650.JPG
2日ほど前に「挿し木」にしたカジュマルです。


IMG_6653.JPG

IMG_6657.JPG



毎朝の水やりや手入れは、30分ほど時間が掛かります。
写真を撮ったり、ぼ~っと眺めたりもしますので時間が掛かります。

僕は事情があって、10年ほど引きこもり生活をしていました。

それは不健康な生活でした。
精神的にもまいっていましたし。
朝からお酒を飲んだり、タバコを1日に3箱も吸っていたり。

そんな生活をしていて、体を壊して通院生活をしています。
自業自得です。
でも、当時は精神的にも肉体的にも、
「余裕」がありませんでした。

あの時、こういった植物達に出会っていたなら、
また違た人生だったかも知れません。

当時は、人間不信でしたし、
信じれる人もいませんでした。

今は、家にはたくさんの友達がいます。
植物達です。
会話こそ出来ませんが、
雰囲気でコミュニケーションが取れています。


育て始めた頃は、よく枯らせていました。
それは愛情も足りなかったですし、何よりも、
植物を育てる「知識」がなかったようです。

知識さえ頭に入れておけば、枯らすこともありません。
安心して愛情を注げます。

種を植えて、芽が出て、花が咲く。
咲き終えたら種を付ける。
種が地に落ちて、また芽が出る。

人間も植物も、生命を繋げていくのだなって。


失礼な言い方になりますが、
引きこもり生活をされるなら、
「快適な引きこもり」を目指して欲しいです。

また、「健康的な引きこもり」を目指して欲しいです。


僕のように、酒に溺れたり、タバコをバカほど吸ったり、
乱れた食生活をしていると、病気になります。


僕は引きこもり生活を「悪」だとは思いません。
インドアで、家で、のんびり過ごすのが快適な人もいれば、
アウトドアで、出かけるのが好きな人もいます。

それは、個人の「自由」だと思います。

家でのんびりするのが大好きな人は、
アウトドアな人に「引きこもれよ!」というのは筋違い。
アウトドアな人の事情もありますからね。

逆に、
アウトドアな人が、引きこもりの人に、
「外へ出ようぜ!」というのも筋違い。
インドアな人は、外より家の中の方が快適なのですから。

そういった個々の事情もあります。
相手の為を想っての助言だとしても、
その助言で相手が「傷つく」「不快に思う」事もあります。


僕は20歳の時に、オートバイで事故を起こして、
脊髄損傷で下半身が麻痺して歩けない身体になりました。

自分の将来の事や、恋人の事、何もかもに絶望しました。
これからの生活を、どうしたらいいのかもわからない時に、
ある看護師さんが声を掛けてくれた。

「高瀬君、車イスバスケトボールとかあるから!」

住む家も決まっておらず、ケガの治療も終えていない、
自分のケガを受療できていな僕に、
車イスバスケットがあるから!だなんて言われてもね。

看護士さんは、僕に生きる希望を与えようと、
そんな言葉をくれたのかも知れません。

でも、
かける言葉が「早かった」と思う。

ケガの状態も落ち着いて、
生活出来る環境も出来て、仕事も出来て、
社会復帰が出来て心に余裕が持て始めた時に、
そういった言葉を掛けてくれたなら、
僕の心に、看護士さんの言葉が素直に入ったかも知れません。


杓子定規に、
「困ったことがあったら、何でも言ってください」
と言われることがある。
ありがたい言葉です。
入院中、よく聴く言葉です。

でも、
去年、大阪で入院していた病院の、
僕の担当看護師さんからは、
「困ったことがあったら何でも言ってください」
と言われた記憶がない。

他の看護師さんや師長さんは、杓子定規にでも、
言葉を掛けてくれていました。

担当の看護師さんが、
った事があったら何でも言ってくださいと言わない理由は、

「僕が入院生活で困ることがないように、
いつも身の回りのチェックをしてくれていて、
僕が困る前に、整えてくれている」

からなんです。


・杓子定規で、口先だけの言葉を掛けて済ます人もいます。

・何も言わずに、患者が困らないように、先に配慮をしてくれる人もいる。


・自分が患者だったなら、どちらの看護がいいでしょうか?

・自分が医療従事者の立場なら、どちらがいいでしょうか?


朝から重い記事でしたが、ゴメンなさい。(*´Д`*)

1234.jpg









スポンサーリンク