ベランダ菜園日誌


おはようございます。
今朝の奈良県は、とても良い天気です。
少し肌寒い感じもしますが、これくらいが気持ちいいです。
部屋の温度は26.9℃です。

IMG_6373.JPG


IMG_6363.JPG


IMG_6366.JPG


IMG_6365.JPG


IMG_6362.JPG


IMG_6368.JPG


IMG_6372.JPG


昨夜は「懐メロ」を聴きながらブランデーを飲んでいました。
懐メロが心に響いて、ブランデーが進みました。

夜、お酒を飲んでいると「お腹が空いて」きます。
ちょっとその辺りの因果関係をネットで調べてみました。

お酒を飲むと「胃が酔っぱらう」という記事が書かれてあったり、
お酒を飲むと「胃の温度が上がって血糖値が上がる」だとか。

お酒の後に、〆の「オニギリ」だとか「ラーメン」を食べたくなるのも、
「体が糖分を欲しがる」みたいで、
米の中の糖分を欲するので、オニギリが食べたくなるようです。

お酒を飲む時間っていうのは、だいたいが夜です。
夜8時以降の食事は好ましくないです。

というのも、
朝4時から昼12時までを「排泄の時間帯」と呼んでいて、
昼12時から夜8時までを「摂食・消化の時間帯」と呼んでいて、
夜8時から翌朝4時までを「消化・吸収の時間帯」とされているからです。


夜遅くからお酒を飲んで、お腹が空いても、食べないようにしないと、
体に良くないようです。
ただでさえ、お酒はカロリーが高いです。
お酒を飲みながら、夜中に食事をしちゃうと、太ってしまいます。

酔った時、食事をして吐く人も多いです。
それは、お腹が空いているのではなくて、
「胃が酔っぱらって」いて、お腹が空いたと勘違いしているそうです。
それで胃がもたれて吐いちゃうみたいです。

もし、酔ってお腹が空いたと感じたら、「アメを舐めて」見て下さい。
昨夜、僕は酔っぱらっていて、お腹が空いてきました。
「胃がよっぱらってやがるな!」
と思って、すぐにアメを舐めてみました。
すると、食欲がすぐに収まりました。

夜中に食事をしちゃうと、内臓に負担を掛けます。
太っちゃいます。
夜中は、食べた物を「消化・吸収」する時間帯です。
寝る時間なのです。

人が食べた物を消化吸収するのに、必要なエネルギーが、
「フルマラソン1回分」のエネルギーを消費するそうです。
カロリーで言うと、1200㎉~1600㎉も必要だそうです。


食べた後、しんどくなったりするのは、そのせいなのです。
それだけ、内臓に負担をかけるのです。

現代人の食生活は、かなりカロリーオーバーだと思います。
腹8分目でも多いくらいかも知れません。
消化に良くて、栄養もあって、自分の体にあった物を食べたいです。







<スポンサーリンク>