エンディングノート


つい先日、叔父さんが亡くなった。
自分にも、いずれ、その時がやってくる。
改めて、考えさせられます。

僕は持病があって、
以前、自分の葬式代が、どれくらいの費用が掛かるのか?
葬儀屋に資料請求をしました。

こちらのノートは、
その時に、粗品として貰ったエンディングノートです。

IMG_5636.JPG


ひと通り、書いてみました。
いつ、この世を去ってもいいように、
残された家族が苦労しないように、
僕が死んだ後の処理を、1から説明したファイルも作りました。

・僕が呼吸をしていなかったら、死体に触れない!ということ、
・通院している病院へ連絡すること、
・死亡診断書を貰って、葬儀屋に連絡する旨、
・銀行口座の解約、クレジットカードの解約、
・インターネットのプロバイダの解約方法、

いろいろ、エンディングノートに書ききれないことを、
ファイルにまとめました

自分の死が、いつ? やってくるか分かりません。
だからこそ、備えておく必要があると思うのです。

それと、自分が死ぬことを理解しておくことで、
「人はどこから来て、どこへ行くのか?」
といった永遠のテーマにも触れられて良いと思います。

何のために生まれてきたのかも解らず、
社会の波に流されて生きるよりも、

自分がこの世に生まれてきた目的を知って、
死後、どのような世界が待っているのかを知るほうが、
充実した生き方が出来ると思います。

エンディングノートは、そういった確認をすることに有効ですし、
残された家族への配慮にもなると思います。

是非、お求めになることを、お勧めします。










スポンサーリンク


スローライフランキング

にほんブログ村